logo

文月に、一句読めるといいけれど。

2015.06.29 Monday

今週から7月、一年の半分が過ぎて行きました。

過ぎた日々は矢のように感じられ、

来る日々のことは待ちわびる。

ひとの心は、時間を縮めたり伸ばしてみたりと

好き勝手でございます。

 

文月ともいうこの月に、

気の利いた歌でも詠めるといいけれど

先人たちのを読んでいるうちに、

そもそも無かった自信が見事に打ち砕かれて。

 

ここには好きな一句を載せることにいたします。

 

・・・・・

やれ打つな蝿(はへ)が手をすり足をする

 

小林一茶

・・・・・

 

この句を知ってから、

小さな虫たちがなんだか愛おしくなったのでした。

SOR_0015[1]

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ