logo

「パンとワインと小さなことば」で出逢えるワイン。

2015.10.03 Saturday

早いものでもう10月になりました。

栗やキノコ、果実のおいしい季節でございます。

 

さて、シラスアキコさんの新しいシリーズ「パンとワインと小さなことば」

出逢えるワインたちをご紹介いたします。

 

ワインは、すべてドワネルさんがセレクトしてくださいました。

お席、まだございますので、

みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

 

白泡 Fermentation In Vitro 2013/Les Vins Contés

ムニュ・ピノ

ハッサクやグレープフルーツの香り、レモンスカッシュの様にスッキリ、サッパリ。

キリっとした酸と果実味のバランスが良く濁りに旨味を感じる。 SO2無添加。

 

白 Rue de la Soif 2013/Domaine le Clocher

ソーヴィニョン・ブラン

パンクロックバンド、ラジオ局などを経て、ティエリーピュズラの下で修行した作り手。

白桃の様なアロマが伸び果実感たっぷり。余韻にはグレープフルーツの酸と心地良い苦味。

価格もお手頃で、doinelでいま一番人気の白です。

 

ロゼ Rose Trois Bonhommes 2014/Vincent Tricot

ピノノワール

樹齢15年のピノノワールを木樽で発酵後、そのまま8ヶ月熟成し無濾過無清澄、SO2無添加。

オレンジがかった華やかなロゼ色、野ばらやダークチェリー、バジルの香りに奥からスモーキーなニュアンスも。

目の詰まった旨みに樽由来のリッチさ、グラデーションのある質感、ほんのりとした塩気を感じた後、

さくらんぼのチャーミングさがアフターへ導く。

 

「パンとワインと小さなことば」、10/14(水)19時開幕です。

くわしくはこちらに http://bihadasora.com/archives/12396

グラス

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ