logo

実話から生まれた映画「ザ・ブリザード」

2016.02.28 Sunday

ディズニー映画「ザ・ブリザード」を、観てまいりました。

 

実話に基づく海難救助の物語だと知っていたから

ディズニー映画だから、きっとハッピーエンドで終わると信じて

観ることが出来たのです。

 

海で迎える嵐ほど、想像しがたい恐怖はありません。

そもそも海には、怖くて行けないし

海で夜を迎えるなんて、もうそれだけでも身震いしそう。

 

若き沿岸警備隊4名が挑む、嵐の中での救援活劇は

息をのむ迫力と、知恵と勇気にあふれていました。

 

そもそも、タンカーが真っ二つに引き裂ける程の(自然の)破壊力って、なんだろう。

海や自然には抗えないから、

落とす命も絶えないのかもしれません。

 

ただ、それでも生きて帰ってくると信じて疑わず、懸命にまっとうするひとのこと

尊敬せずにはいられません。

 

少し前のこのエピソードを思い出します。

キャスター辛坊治郎さんと、盲目のセーラー岩本光弘の救出劇を経て

さまざまな議論が巻き起こりました。

 

そこに助けられる命があるのなら、

迷わず手を差し伸べる。

 

海上保安庁のサイトには、そう書いてあるように思えました。

(救出に向かわれたのは、海上自衛隊だったとのことです)

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ