logo

映画「彼女が目覚めるその日まで」より。

2018.01.11 Thursday

図らずも同じ病気を題材にした作品が

同じ時期に公開されていたなんて…

映画「彼女が目覚めるその日まで」を観てまいりました。

抗NMDA受容体脳炎に侵された

こちらは若い女性記者の実話を映画化しています。

 

原題は、Brain on fire.

脳が燃えるような破壊力ある病を表現していました。

 

その医師に、病名を発見されるまで

数限りなく検査や診断が行われました。

精神病院へ送るという判断も何度も、複数の医師から下されて

それでも、両親はあきらめなかった。

これは精神病ではない、必ず原因を突き止めると

 

わたしも、ほんのすこしこの気持ちがわかるような気がします。

夫が突然発作を起こして、救急車で担ぎ込まれることが過去に8回ありました。

そのたびに、検査を繰り返し、医師による診断を受けています。

ときには、薬が処方されることもありました。

 

ただ、どうしてもその診断がしっくりこないのです。

なんといったらいいかこう、芯から合点がいかないというか

なので、いまでは、本人なりに対処法を見つけ出して、

カラダと相談しながら生活しています。

 

まだまだ、解明されていない病気は山のようにあるでしょう。

健康であることは、もはや奇跡なのかもしれない

 

こころから感謝をこめて

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ