logo

終了御礼|ヤドリギに千年の長寿を祈り。

2018.11.15 Thursday

昨日は、ことし一年かけてきたシリーズ企画の最終日。

ハナノヒト太田瑞穂さん、和菓子バイヤー畑主税さん、山ト波 鷹取愛さんをお迎えする

「花をたのしみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」の開催日でございました。

 

おかげさまで、たくさんの方にご参加賜り無事に終了することができました。

このたびもほんとうにありがとうございます。

 

十年かけて大きくなった貴重なヤドリギの大樹を見

同じ水で作り上げられた別注の上生菓子をいただきました。

お菓子は、長野県 開運堂謹製「霜の朝」と名付けられた特注品でございます。

 

ヤドリギの実は内部に粘り気を抱え、鳥によってあちこちに運ばれて

運よく落葉樹に落ちた樹皮に寄生する。

神話にも登場する神聖な植物のこと

はじめて間近でじっくり観ることができました。

栗の木に寄生した昨日のヤドリギ

はるばる長野県の山奥から、大きな枝についたままの姿です。

 

その昔、万葉集でも歌われた寄生木に寄せて

年の瀬に無病息災を祈ります。

水の日

ハナノヒト 太田瑞穂(お花)

四季を彩る花屋さんの花は畑からやってきます。豊かな土、輝く光、そよぐ風、そして・・・ふりそそぐ水。花農家の手から私たちの手元に届いた花を生け、季節の花の物語ともに目に福をいただく、そんなすこやかな時間をお過ごしください。

http://www.hananohito.com/

ハナノヒトのインスタグラム hananohito

 

高島屋和菓子バイヤー 畑主税(お菓子)

和菓子には奥行きがあります。ただ食べて美味しいだけじゃなくて、そこには知られざるさまざまな物語があるのです。歴史だったり、風習だったり、季節歳時記であったり、そして、作り手の想いが込められています。素敵な空間に、手土産に、和菓子の素敵な物語を添えて。

https://twitter.com/wagashibuyer

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

 

山ト波 鷹取愛(企画)

花とお菓子。共通点がないようでものすごく近しい存在です。美しくて、そこにあるだけでうれしくて、ものすごく自由だけど、とても繊細で、憧れだけど、小さいときから二つとも身近にあるもの。そして二つとも消えてなくなる。素晴しき花のひととお菓子の人が集まりました。そんな不思議な魅力のふたつが組合わさるのは、それだけで幸せな奇跡が生まれそうな予感です。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ