logo

満席御礼│新春に、菓子と香りの声を聞く

2018.12.31 Monday

野に咲く花が香るように、
樹木も果実もそれぞれの滋味深い香りを抱えます。

果実を甘味ある菓子としてたのしんだその昔より
香りと菓子は深い深い縁で結ばれて。

気持ちを香りで落ち着かせるように
菓子で心を穏やかに

新春に、菓子と香りの声を聞くとき

2011年に、伊勢神宮をイメージする香り「杜の響」で、最優秀賞作品環境大臣賞を受賞された沙里さん。その香りを菓子に変える腕を持つ、和菓子作家なのさんをお招きします。

調香師 沙里+和菓子作家 なの

開催:2019年2月11日(月・祝)13時30分~15時
定員:15名さま(満席御礼)
会費:3,240円(税込・事前払い制)

お申込み:[email protected]

件名「新春」と明記のうえ、携帯電話番号とおなまえをお知らせください。折り返し、参加費ご請求メールを送付申し上げます。当イベントは、あらかじめのご入金をもって正式な受付とさせていただきます。

写真はイメージです。

*****

沙里     調香師 《かほりとともに、》

日本の伝統的な香道作法と西洋のフレグランス文化を融合させた現代聞香を創始。日本・海外各地で季節や風土に合わせた「香り文化」の普及活動やイベントを行っている。幼時からの作曲・演奏活動をもとに、音の波動と香りの関係に着目。自然香料によるオートクチュールのかほり作品にはユニークな“香譜”をつけて発表する。日本産精油を用いた調香が評価を得て、世界からも招待を受けている。
フレグランスコンテスト2011環境大臣賞受賞。
IFA国際アロマセラピスト。

なの。nano。

小さな単位を表すnano。和菓子っていいなと感じてもらえる、なの単位の小さなきっかけを作ることができたら、という思いで付けた屋号。京都で、日本の文化史を学ぶうちに、日本の四季や文化が凝縮された和菓子に魅了され、もっと和菓子の居場所を広げたいと思うように。季節の気配や名残を感じながら、和歌や俳句とともに、イベントを中心に茶菓を紹介。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ