logo

夏至が過ぎ。

2018.06.22 Friday

昨日は、夏至でございました。

肌に湿度をはおらせた雲におおわれた長い一日が過ぎ

今朝は雲ひとつない快晴です。

もう、半月も経てば暑さが本格的にくるでしょう

 

どうかこの夏も健やかに乗り切れますように

こまめに水分おとりになられ

快適な部屋で、ぐっすり睡眠とりましょう。

 

来週は、まだすこしご予約承れます。

もちろん、7月以降もいつでもご予約お待ちしています。

ふとお時間ございましたら、お肌を整えていかれませんか

 

「あったかみのある煎茶のおいしい入れ方。」

2018.06.21 Thursday

お客さまからお伊勢参りのおみやげにいただきましたお煎茶の

お茶の入れ方の説明書が、なんともいい感じなのでございます。

“あったかみのある煎茶のおいしい入れ方”とは、

その地方の方言をイメージしながらたのしんで読めました。

 

ー湯呑を2杯、先に用意してください。煎茶を急須に大さじ1杯入れ(7g)約90℃のお湯をポットから湯呑2杯にそれぞれ半分注ぎ、それを急須に入れてください。入れ終わったらすぎに(ここで待たないで)湯呑へ、急須のなか8分目までお茶を交互に注ぎます。残りの2分目は急須を10回大きく回し温度の下がった状態でうまみを出します、交互均等に残さず絞り出してください。三重県南部のお茶の特性を生かしたこの注ぎ方で出して見てください。

 

書かれてあることは、ごく当たり前のことなのかもしれません。

お茶を製造する方の愛情あふれる言い回しに、ほっとひと息つけるような

これを読んですぐ、説明通りに入れてみましたら

甘味を含んだやわらかいお茶をいただくことができました。

 

水出し煎茶のおいしい入れ方もあって、

そこにもコツが書かれています。

角氷3ヶを急須に入れて40回ほど音がするように振りますとは、

またなんとも多い回数に、読んでまた、たのしい気分になりました。

和菓子老舗、若い匠たちの新作を。

2018.06.20 Wednesday

和菓子バイヤー畑主税さんが店頭に立ち、

複数の和菓子職人の実演が目の前で繰り広げられるイベントへ

玉川タカシマヤでの最終日に間に合いました。

 

実演あり、

イートインスペースあり、

新作和菓子や、限定和菓子も多く

しばらくそこを離れることができないほど、たいへん充実した内容です。

 

全国各地から、代々続く和菓子の老舗の若旦那衆が揃うイベントに

たくさんのファンも駆けつけて、行列の絶えない人気ぶり。

職人さんと親し気に会話される常連の方も多く

出来立てのお菓子が、どんどんなくなっていきました。

 

そんななか、迷いに迷ってソラに持ち帰ったのがこちらです。

トリートメント終了後のお茶うけに、ぜひどうぞお召し上がりくださいませ。

 

静岡県「巌邑堂」五代目 内田弘守さんの実演された「どら焼き」

富山県「引網香月堂」四代目 引網康博さんの「彩光」

山形県「乃し梅本舗佐藤屋」八代目 佐藤慎太郎さんの新作和菓子「たまゆら」

前田エマさんのよりみち。

2018.06.19 Tuesday

前田エマさんが、ソラにいらしてくださいました。

連載中のオズマガジン「夜のよりみち あしたのワンピース」のために

 

ソラで過ごしたひとときを

エマさんのことばで一ページ。

どんな時間になっていましたことでしょう

すこし先、雑誌を読むのがたのしみです。

 

同道してくださいました編集部の栗山桃香さん

最新号の「フルーツ特集」の裏話、熱く語ってくださいました。

この号はわたしも持っていて、渋谷、銀座、新宿と、

美味しいフルーツ巡りをするのが、空き時間のたのしみです。

 

資生堂パーラーのフルーツティ…

想像を超えたフルーツ感に、これはもうお茶じゃない

温野菜サラダのフルーツ版だと思ったのでした。

熱を通した新鮮なフルーツに、たっぷりの生クリームを添えて

ほおばる至福。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ