logo

Predawn / Keep Silence

2013.03.31 Sunday

Predawn.

ギター&ヴォーカル清水美和子さんのソロプロジェクト。

英語で歌われるそのメロディは、

目を閉じて聴くと

やわらかくてシアワセな夢の中に

連れていってくれそうな浮遊感で

満たしてくれそう。

ソラでは、前作のアルバム「手の中の鳥」をかけています。

 

新作「A  Golden Wheel」が発売されました。

テンポよく流れるリズムと

軽やかなメロディは

春の明るさを感じます。

 

 

小妖精たちとのささやき。

2013.03.30 Saturday

昨日、ソラに新しいアートがやってきました。

 

写真家Keiko Kurita「小妖精たちとのささやき」のひとつ、

『湖畔の溶岩』

 

新宿で開かれていた個展で巡りあって以来

なぜだかずっとこころに残っていた作品です。

ご本人が、たいせつにソラまでお持ちくださいました。

飾り付けも、その位置や高さなどご一緒に

させていただきました。

飾り付けたら、ふたりともほっとして

しばらくぼーっと眺めたりして。

 

作品は、ご自分の手を離れると

また違うものに見えることがあると

おっしゃっていたのがとても印象的でした。

 

この作品を眺めていると、

(大丈夫だよと、そっと背中を押してくれているような気がします)

0330

はなケーキ店さんの試作たち。

2013.03.29 Friday

4月のワークショップでは

はなケーキ店さんがお菓子を担当してくださいます。

 

今日は、その打ち合わせ。

さきほど、試作をいくつかお持ちになってくださいました。

こちらは、お持ち帰りにお求めいただけるように

ご準備いただく予定のお菓子です。

マーガレットや、ことりやスプーン色鮮やかなビスコッティと

なんて夢のあるお菓子たちでしょう。

お席、もうすこしございます。

くわしくは先日のブログをご覧くださいませ。

http://bihadasora.com/archives/2335

0329103292

0329303294

タゴール。アジアではじめてのノーベル文学賞を受賞。

2013.03.29 Friday

先日のブログで、「バウルを探して(川内有緒著)」の

ことを触れました。

あれから、その本を読み

なかでも印象的なフレーズや

言葉がいくつかあったのですが、

わたくしひとりの印象や感想で

どなたかが本を手に取ってお読みになるときの

邪魔になってはいけませんので

なかで登場した人物について。

 

ラビンドラナート・タゴール

1861年に生まれた詩人。

名家に生まれるが、

バングラデシュの独立に大きな影響を及ぼした人物。

そして数多くの詩が残っているそうです。

 

その中で、『奇跡のリンゴ(石川拓治著)』に訳文を掲載されて

話題になった作品がこちらです。

 

・・・・・

Bipode More Rokka Karo

訳 石川拓治

危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。

 
痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。

 
人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

 
不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。
成功のなかにのみあなたの恵みを感じるように、
卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
あなたの御手に握られることに気づきますように。

・・・・・

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ