logo

編み物をするひと。

2013.10.31 Thursday

わたしが 学生だったころ、

冬のこの季節になると

駅のホームや 電車の中で

編み物をするひとを

ときどき見かけました。

 

編み針を自由自在に操って

あれよあれとと編まれていく様は

憧れでもあり

不思議でもあり。

 

亡くなった祖母が

よく編んでくれました。

 

そのベストやセーターを

クローゼットの奥から出した朝。

103101

 

糸しまつでオヤスミ/レモンエアライン1030便

2013.10.30 Wednesday

あなたは今日という日を編んでいる。

 

うまく糸を通せなかったり。

 

途中で糸がからまったり。

 

編み棒を落っことしたり。

 

ナミダも一緒に編むような日があっても。

 

夜、ベッドに入る前に、

 

綺麗に糸しまつをすればオッケイ。

 

たとえ編み目がデコボコしてても、

 

ていねいに糸を入れ込んで、

 

編み終わりの糸をハサミでチョッキン。

 

それですべてはオッケイです。

 

あなたの作品は今日もカンペキです。

 

 

************************************************************************************

 

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

 

 

ananの、再来。

2013.10.30 Wednesday

わたしが20代のころ、

その時代を切り取ってきた女性誌と言えば、

ananだった。

 

1970年に創刊されたそれは、

当時の憧れを全部詰め込んで

世の中の先頭を走っていた。

 

それがいつの間にか、

少しずつ色あせていき、

最近は、もう読むことが無かったというのが事実。

 

でも、そのananが、大きく変わったのです。

編集長、アートディレクターという

核となる人事が刷新され、

週刊でこそできる強さで、再来。

 

もう一度、読んでみたいと思えるほどの変身ぶりは

昔、愛読していたひとりとして、

うれしい出来事。

 

インターネットが普及しても、

目利きによって編集される雑誌は

やっぱり いいなと思います。

102902

 

 

 

 

「片思い」とい名の展覧会。

2013.10.29 Tuesday

ニューロ吉祥寺で、男性のグラフィックデザイナー

三人展がはじまっています。

その名は「片思い」

 

『うん。て言われたら

どうしよう。』

 

という言葉が

なんとも言えず その感じを表現していて、

三人の男性が、83-84年生まれだということも

なんだか いいバランスを保っているよう。

 

なぜだか、片思いは

青春の合言葉のような響きを感じます。

 

もう遠いあの日

まだ一日がいまよりもっと長くて

一年はもう永遠というくらいに遠い未来に感じていた時代に、

そういう気持ちを持っていたことがあったなあと

思い出すのでした。

 

11月6日(水)まで開催されています。

102801

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ