logo

桜さくら。

2014.03.31 Monday

桜が咲き始めました。

咲き始めたと思ったら、

もう急に満開に近づいて。

そして、昨日はにわかに春の嵐が舞う一日に。

 

お花見にでかけられた方もきっとたくさんいらっしゃいましたでしょう。

まだしばらくは、朝晩は東京でも10℃を下回ります、

上着やストールなどが重宝します。

雨に濡れて、体調を崩されませんように。

 

この春を呼ぶさくらを、

たくさんのひとが詩や歌にしています。

ここに、詩人まどみちおさんの一篇を。

 

・・・・・

「さくらのはなびら」

 

えだを はなれて

ひとひら

 

さくらの はなびらが

じめんに たどりついた

 

いま おわったのだ

そして はじまったのだ

 

ひとつの ことが

さくらに とって

 

いや ちきゅうに とって

うちゅうに とって

 

あたりまえすぎる

ひとつの ことが

 

かけがえのない

ひとつのことが

・・・・・

 

写真は、すぎなみ学倶楽部より。

EPSON MFP image

 

 

あたらしい春に、あたらしい自分を。

2014.03.30 Sunday

早いもので、今日は三月最後の日曜日。

あと一日で、あたらしい春がやってきます。

 

4月は、いろんなものが新しくなる特別な月。

新入学や、入社式、新学期や、新年度を迎える月。

 

あたらしい春だから、

気分もすこし変わって、

きっと前よりすこしあたらしい自分になっている。

 

あたらしい自分のポートレートを、

keiko kuritaさんに撮っていただいたらステキですね。

 

春のワークショップ、4月20日(日)は、

写真家keiko kuritaさん、

Mellow glass タナカユミさんのガラスのおうち、

ハーブティcou couさんのオリジナルティ

のコラボレーションでお届けいたします。

 

お席、まだすこしございます。

みなさまのお申込みをお待ちしています。

 

くわしくは、

vol.14 「光のポートレートと、ガラスのおうちの街並みを歩く春。」

 

写真は、keikokuritaさんの写真集とMellow glass。タナカユミさん撮影。

20140330

お肌は一生、一緒。

2014.03.29 Saturday

いま、「化粧品を正しく使えばあなたはもっとキレイになる。(川島眞著)」を、

読んでいます。

 

新聞広告に書かれたいくつかの見出しに

興味が湧いて購入いたしました。

とても身近なことや、

大きく話題になったカネボウ化粧品の

特定の化粧品を使用された方に白斑の症状が出たケース等

具体的に説明されている点でも

読みやすい本になっています。

 

毎日、お客さまのたいせつなお肌(お顔)を

みさせていただく中で

みなさまそれぞれに抱えていらっしゃるお悩みを

お聞きすることも多くございます。

 

それにお答えするとき、

心がけていることがひとつだけございます。

 

その方、おひとりに合ったアドバイスであることはもちろん。

なによりも、やさしいこと。

 

行程が複雑で難しいことや、

お示しするものが手に入りにくいものだったり

とても高価なものであっては

まず、やってみようと、動き出すまでが大変ですもの。

 

お肌は、カラダの中でもっとも大きな臓器です。

お顔に出る症状は、

ときに、カラダの様子をとてもよく知らせてくれるサインでもあり、

そのトラブルは、

症状が出ている部分だけを処置するだけでは

解決しないこともあるでしょう。

 

お肌の調子が整っていると、

ほんとうに気持ちがイキイキといたします。

たかが、ひとつの吹き出物と言われそうでも、

それがあるのと、無いのでは

目の前の景色まで違って見えるくらいです。

 

お肌はあなたと一生、一緒。

 

おかえりのとき、

自然に微笑がこぼれて

軽やかに歩き出したくなるような

そんな美肌室でありたいと。

20140329

 

 

 

みずみずしい果実を。

2014.03.28 Friday

先日、南青山「まめ」の苺大福をいただきました。

大粒のあまおうを、丸ごと包みこんだお菓子。

 

苺のとんがりがほんのり透けて、

手にとってほおばるとき、ちょっとたのしかった。

みずみずしい果汁が口いっぱいに広がって、

ふっと一息つけたような。

大福の甘さと、イチゴのみずみずしさを組み合わせたこのお菓子、

はじめて作った方のこと、尊敬したくなります。

 

季節の果物。

ビタミンやミネラル、

食物繊維を多く含むみずみずしいくだものを

ちゃんと摂っているのかな。

 

野菜や果物は、

カラダの調子をよくしてくれるもの。

そのほとんどが水分だけど、

自然な甘みが口の中にひろがる瞬間

食べることがもっとたのしくなれるから

スーパーの入口に並ぶ果物のこと、

これからは、きちんと見て行こう。

 

(こんなおばさんになって、ようやく気が付くんです)

 

写真は、「まめ」さんのサイトより。

20140328

 

 

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ