logo

海泥パックで、すっきりリセット。

2014.06.30 Monday

梅雨空が長く続いています。

どうもカラダが重いような

寝ても疲れがとれないような

体調がぱっとしない日はございませんか。

 

そんなときは、

海泥パックのオプションをお薦めしています。

脊柱に沿って

海泥パックをたっぷり敷き詰めたガーゼの上に

しばし横になっておやすみください。

 

じわじわと自己発熱する海泥パックが

強い冷房で冷えたカラダをじんわり温めながら

コリをほぐして、

自律神経のバランスを整える働きをしてくれます。

 

代謝を上げて、

老廃物の排出を促す働きもしてくれる

海泥パック。

 

トリートメント終了後、

お肌はしっとりもっちりと潤って、

アタマもカラダもすっきりとした目覚めのような感覚を。

 

もう、7月を迎えます。

この夏を元気に乗り越えるために、

ときどきカラダのリセットはいかがでしょう。

 

みなさまのご予約をお待ちしております。

SOR_0002[1]

 

 

 

 

 

拾い読みというたのしみ。

2014.06.29 Sunday

夏目漱石作「草枕」は

読みかけのまま棚にしまって、

いまは、岡潔著「春宵十話」を読んでます。

 

いつかもう一度、「草枕」に向き合いたいな。

何といっても冒頭がいいから。

 

・・・・・

山路を登りながら、こう考えた。

智に働けば角が立つ。

情に掉させば流される。

意地を通せば窮屈だ。

とかくに人の世は住みにくい。

住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。

どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

 

人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。

やはり向こう三軒両隣りにちらちらするただの人である。

・・・・

 

そして、岡潔著「春宵十話」に書かれた夏目漱石談も良い。

 

・・・・・

漱石といえばまた、朝日新聞に入社した当初だったと思うが、

次のように獅子吼したことを思い出す。

「自分の小説は少なくとも諸君の家庭に悪趣味を持ちこむことだけはしない」

・・・・・

 

この後には、岡潔氏の私見が綴られているのですが、

この弁明がとくに印象に残っています。

さっぱりと大変に潔くて、

ほんとうに清々とした気分になったのです。

 

こうして、本と本の間を行き来しながら

ゆるりと読むのが心地よくて。

 

拾い読みのたのしさを

教えてくださった山元伸子さんに、

心から感謝しています。

20140629

 

今秋に、新しいことをはじめます。

2014.06.28 Saturday

レモンエアラインを、毎週水曜日に送り出してくださるシラスアキコさん。

そのシラスアキコさんと一緒に、

いませっせと準備していることがございます。

 

水曜日に新しいストーリーを読むことはそのままに、

この秋に、レモンエアラインが新しいことをはじめます。

 

いま、すこしずつそれがカタチになろうとしているところ。

かかわってくださるみなさまと一緒に、

よろこんでいただけるものに出来たらいいな。

 

夏が終わる頃、みなさまにお知らせできると存じます。

 

ソラを飛び出していくレモンエアラインを

どうぞアタマの片隅に置いて

これからも見守っていただけましたら。

20140114

「30 ice creames」が運んでくれた風。

2014.06.27 Friday

30 ice creames.

山本祐布子さんが、江口宏志さんと制作された

30種類のアイスクリームで描かれた写真集。

くるみの木、30周年をお祝いして手作りされたそう。

 

昨日、ソラに届きました。

封筒からそれを出したとき、

鮮やかな色とりどりのアイスクリームが

祐布子さんのドローイングにのって軽やかで

すーっと心地よい風が通り過ぎていったよう。

 

中に、レシピも入っているから

あ、これならわたしでも作れそうと嬉しくもなり。

 

いつもの祐布子さんらしいレシピです。

 

主役とおおまかな作り方が書かれているだけ

分量や、そのほかにあるといいような脇役や道具の類は

想像上で調理をするほかありません(笑)。

 

でも、母に教わったお料理って

だいたいそんな感じでしたからへっちゃらです。

何度も作って、その味をカラダで覚えていく

一緒に、台所に立った時間が宝もの。

 

funny upで発売されています。

ぜひ、お手にとってご覧ください。

20140627

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ