logo

急いでお肌の秋支度。

2014.08.30 Saturday

ここ数日、めっきり涼しく秋めいて

しまいこんでいた上着や、お布団を

いそいそと取り出しています。

 

食事や飲み物も、あたたかいものを

いただきたくなりました。

もう、このまま秋に冬になっていくのでしょうか。

先日までの暑さを、もうすっかり忘れてしまいそう。

 

さて、お肌やカラダはどうでしょう。

 

夏の間にたっぷり浴びた紫外線で

隠れているシミ予備軍のケアはできていますか。

毎日汗をかき通しで開きっぱなしの汗腺や毛穴に

汚れが詰まっていませんか。

 

シミや吹き出物などのサインで気が付く前に、

予防のためのスキンケアができるといいですね。

 

ソラのフェイシャルトリートメントで、

スペシャルなケアをした後のご自分のお肌をしっかり覚えて、

そのお肌を一日でも長くキープできるような

スキンケアを習慣づけましょう。

 

お肌は一生一緒です。

手のひらとお肌が、会話しているようなケアを

SOR_0001[1]

 

ハワイでの思い出作りに。

2014.08.29 Friday

ソラのホームページ(bridal)にも、ご紹介させていただいています

ハワイウエディングコーディネーター佐々木由美さんが、

ソラに遊びに来てくださいました。

 

最近のハワイのこと、

コーディネートされたたくさんのカップルやご家族の

心温まるエピソードの数々。

 

大きなありのままの自然と動物たちを間近に

心から解放されるひとときを過ごせるハワイ。

わたし自身、まだ一度も訪れたことが無いのですが、

こうして由美さんのおはなしを何度も聴いているうちに

ハワイの印象が大きく変わっているのに気づきます。

 

夜空に輝く満天の星も

活発な火山活動を続ける溶岩流も

クジラやイルカ、ウミガメなどの生物たちとのふれあいも

広大な景色や

地元の方たちの手作りの食事や音楽をたのしみながら

ゆったりとした時間を送ることができそう。

 

ここ最近、ハワイへの関心がとても高まっているようで、

去年は、ハイシーズンの10月に、

なんと800組のカップルがハワイウエディングに歓喜されたそう。

 

800組、800通りの感動的なシーンがあったことでしょう。

大手のブライダル会社さんには無い、

おふたりのほんとうにしたいことを実現できる良さが、

由美さんのようなコーディネーターさんに相談する醍醐味でしょう。

 

花嫁さまへの気配りもきめ細かくて。

 

宿泊先のホテルに到着された途端に、

感動のあまり 大泣きをされたこともあったそう。

(部屋に飾られたフラワーアレンジメントは

ごく親しい方にしか伝えたことが無い、花嫁さまが大好きな花で作られました。)

 

はじめての海外旅行というご家族のために、

空港からの出発便にも同乗し、

ウエディングパーティに向けたゲストドレス選びにも同行したり。

滞在中の現地ツアーも、しっかりリクエストに応えてくれたり。

 

チャペルでのウエディングではなく、

ハワイ式のウエディングを

ルーツをきちんと理解した正式なスタイルで行ったり。

 

たくさんの時間とお金を使ってようやく行けるハワイ。

だからこそ、したいことも観たいものも、食べたいものも全部が叶う

きめ細やかなコーディネーターさんに相談できるといいですね。

 

ハワイでの思い出作りに、後悔しないコーディネーターさんを。

 

佐々木由美さんへのご相談はお気軽にどうぞ。

contact@bihadasora.com,

20140829

 

 

美しい本と〝わたしのこと〟。

2014.08.28 Thursday

大谷有紀さんが、装苑ブログ〝わたしのこと。161〟に

美肌室ソラのことを書いてくださいました。

 

お持ちくださった著書『VACANCES』は、

ページをめくると

辺りに静寂が漂うような美しい本です。

 

(写真は大谷有紀さんが撮ってくださいました、ソラ)

20140828

ジャズ&ホットココア/レモンエアライン0827便

2014.08.27 Wednesday

歩いても歩いても、曇り空だった。

 

次の角を曲がっても、さらに次の角を曲がっても、

 

宇宙はグレーの壁紙でおおわれている。

 

困った。

 

ちいさな灯りのともるバーに逃げ込むことにした。

 

木のドアをあけたとたん、

 

たっぷりとしたテナー・サックスの演奏があふれてきた。

 

私はその音が1個も外に逃げないように、素早くドアを閉めた。

 

ちいさな空間にはバーテンダーがひとり、客はいない。

 

黒いレコードからは、テナー・サックス奏者が

 

「いっかい絡まっているものをほどいて、野放しにしてみたら。」

 

というメッセージをくれたのが、わかった。

 

彼は自分なりの解釈で、一曲をめちゃくちゃに壊して、

 

ビシッと構築する技量をもっていた。

 

私もそんなふうにやってみたいと、

 

ホットココアを飲みながら強烈に憧れた。

 

 

****************************************************************

 

 

◎レモンエアラインが本になりました。

コチラのスペシャルサイトもごらんくださいませ。http://lemonairline.com/

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ