logo

はじまりのフライトへ/レモンエアライン1231便

2014.12.31 Wednesday

アテンションプリーズ。

今年最後のレモンエアラインへ、ようこそ。

2014年の、

最後のディナー、

最後のデザート、

最後のコーヒー、

最後の新聞、

最後のおしゃべり、

最後のあくび。

ひとつひとつが

終わっていき、

それらは夜の宇宙に吸い込まれていきます。

 

そしてブランケットの中で目が覚めると、

最初のヒカリ、

最初の「おはよう」、

最初のハミガキ、

最初の朝食、

最初のジョークが、

2015年という

真っ白なノートに彩られていきます。

 

はじめられるって、

なんて気分がいいのでしょう。

 

はじめられるって、

なんて贅沢なのでしょう。

 

わたしたちは、

はじめられる、

という才能をもらいました。

 

レモンエアラインは、

ま新しい宇宙へ飛行を続けます。

 

****************************************************************

 

◎レモンエアラインが本になりました。

コチラのスペシャルサイトもごらんくださいませ。http://lemonairline.com/

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

 

 

 

こだわりを置いて行こう。

2014.12.31 Wednesday

年の終わりに、

新年の誓いを立てるといいと言われています。

これからは、できるだけこだわりを持たないでいられたらな、

と思います。

思えば、ちょっとしたことをよくよく気にしておりました。

goo辞書には、こうあります。

・・・・・

「こだわる(こだはる)」

1、 ちょっとしたことを必要以上に気にする。

気持ちがとらわれる。拘泥(こうでい)する。

「些細(ささい)なミスに―・る」「形式に―・る」

2、 物事に妥協せず、とことん追求する。「素材に―・った逸品」

 、つかえたりひっかかったりする。

「それ程―・らずに、するすると私の咽喉を滑り越したものだろうか」〈漱石・硝子戸の中〉

 、難癖をつける。けちをつける。

「郡司師高―・って埒(らち)明けず」〈浄・娥歌かるた〉

・・・・・

小さなこだわりを、

2014年に置いて行こう。

 

目に入るものすべてが、新しく見えますよう。

SOR_0001[1]

この星の未来。

2014.12.30 Tuesday

毎年この日の放送をたのしみにしている音楽番組

TBS「クリスマスの約束」を観終わりました。

総集編っぽく編成されていて、ことし新しく歌われたのは2曲。

ネット上ではいろんなコメントが飛び交っているようです。

 

その中で、冒頭に合唱されたこの歌が

まる二日以上たっている今も、心に響いていて。

 

「最後のニュース」

筑紫哲也さんがキャスターを務められたニュース23のために、

井上陽水さんが書き下ろされた曲だそう。

 

いまから四半世紀前に書かれた歌の世界と、

今の世界は、すこしは変化しているのでしょうか。

 

新聞やテレビの多くが、ことし一年を振り返っている頃。

普段、忙しさにかまけて見ようとしてこなかったことに

ほんのすこしだけ気持ちを傾けてみる。

 

青く輝くこの星が、もうすこし続きますように。

・・・・・

「最後のニュース」

井上陽水 詞・曲

 

闇に沈む月の裏の顔をあばき

青い砂や石をどこへ運び去ったの

忘れられぬ人が銃で撃たれ倒れ

みんな泣いたあとで誰を忘れ去ったの

飛行船が赤く空に燃え上って

のどかだった空はあれが最後だったの

地球上に人があふれだして

海の先の先へこぼれ落ちてしまうの

今 あなたにGood-bye

ただ あなたにGood-bye

 

暑い国の象や広い海の鯨

滅びゆくかどうか誰が調べるの

原子力と水と石油の為に

私たちは何をしてあげられるの

薬漬けにされて治るあてをなくし

痩せた体合わせどんな恋をしているの

地球上の酸素、窒素、フロンガスは

森の花の園にどんな風を送っているの

今 あなたにGood-bye

ただ あなたに Good-bye

 

機関銃の球を体中に巻いて

ケモノ達の中で誰に手紙を書いてるの

眠りかけた男達の夢の外で

目覚めかけた女達は何を夢見るの

親の愛を知らぬ子供達の歌を

声のしない歌を誰が聞いてくれるの

世界中の国の人と愛と金が

入り乱れていつか混ざりあえるの

今 あなたに Good-bye

ただ あなたに Good-bye

(歌詞は、うたまっぷ.comより)

・・・・・

年の瀬の、ガラコンサート。

2014.12.29 Monday

昨日は、ソプラノ小林沙羅さんの歌声を聴きたくて、

ファンタスティックガラコンサートへ参りました。

神奈川県民ホールの40周年を記念する贅沢なプログラム。

オペラとバレエを同時に楽しめる機会に

この日がとても待ち遠しくて。

 

はじめて、上野水香さんのバレエを鑑ることができたのもうれしいな。

「くるみ割り人形」よりグラン・パ・ド・ドゥ、

サクソフォンの上野耕平さんが加わった管楽器5重奏で、スカラムーシュより1、2、

それぞれ美しい衣装に替えられた上野水香さんと高岸直樹さんの

バレエを堪能することができました。

 

舞台の上を舞う蝶のように

しなやかにくるくると

宙に浮いているような軽やかさ

足や手はどこまでも伸びていくよう。

 

小林沙羅さんのドレスは、

まるでシンデレラみたいな空色のふわりとしたボリュームで

散りばめられたビジューがキラキラ輝いています。

オペラグラスがあればよかったと

悔やむくらいに、全身で表情豊かに表現されていました。

 

プログラムの最後は、

「椿姫」より〝乾杯の歌〟を、

4人の歌い手の方が華やかに盛り上げてくださいました。

 

オーケストラの音を浴びながら

オペラを聴き、バレエを観る時間。

先人たちが愉しんでいたものを、

感じられることに感謝して。

 

もうすぐ、2014年の幕が下りると思いながら。

 

写真は、上野水香さんのサイトより。

20141229

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ