logo

身体を慈しんで暮らす。

2016.02.29 Monday

今日は、4年に一度のうるう日です。

太陽と月とこの星の、

朝と夜のカンケイを維持するためのたいせつな調整日。

 

今日は、アロマテラピーアドバイザー藤田明菜さんをお招きして

特別なメニューをご用意させていただきます。

おかげさまで、満枠のお申込みを頂戴することができました

いつもほんとうにありがとうございます。

 

うるう年特別メニュー「ニュートラルな自分に戻れる一日に。」

本日、ご予約のお客さまを、この特別なメニューでお迎えさせていただきます。

 

お作りいただけるその香りは、

レシピをきちんと保管してくださるため、

いつでもまたお届けすることができるそうでございます。

 

その香りは、切り替えスイッチとして

ニュートラルな自分に戻れる一日になりますよう。

 

身体をたくさん慈しんで暮らせますように、心をこめて。

写真はネットより。

Hubble_ultra_deep_field

 

実話から生まれた映画「ザ・ブリザード」

2016.02.28 Sunday

ディズニー映画「ザ・ブリザード」を、観てまいりました。

 

実話に基づく海難救助の物語だと知っていたから

ディズニー映画だから、きっとハッピーエンドで終わると信じて

観ることが出来たのです。

 

海で迎える嵐ほど、想像しがたい恐怖はありません。

そもそも海には、怖くて行けないし

海で夜を迎えるなんて、もうそれだけでも身震いしそう。

 

若き沿岸警備隊4名が挑む、嵐の中での救援活劇は

息をのむ迫力と、知恵と勇気にあふれていました。

 

そもそも、タンカーが真っ二つに引き裂ける程の(自然の)破壊力って、なんだろう。

海や自然には抗えないから、

落とす命も絶えないのかもしれません。

 

ただ、それでも生きて帰ってくると信じて疑わず、懸命にまっとうするひとのこと

尊敬せずにはいられません。

 

少し前のこのエピソードを思い出します。

キャスター辛坊治郎さんと、盲目のセーラー岩本光弘の救出劇を経て

さまざまな議論が巻き起こりました。

 

そこに助けられる命があるのなら、

迷わず手を差し伸べる。

 

海上保安庁のサイトには、そう書いてあるように思えました。

(救出に向かわれたのは、海上自衛隊だったとのことです)

「母の日に、thank youカードを贈るためのカリグラフィー。」の開催。

2016.02.27 Saturday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

ときどき、イベントを開催しています。

素敵な作家さんとのひとときを、おくつろぎください。

「母の日に、thank you カードを贈るためのカリグラフィー。」

母の日や、父の日に

ことしはどんなプレゼントを計画されていらっしゃいますか。

 

心をこめて選んだものに、

美しい文字のレターを添えられたら素敵です。

 

カリグラファー森山ミサさんをお招きし、モダンカリグラフィー体験会を開催いたします。

一文字一文字ていねいにthank youと描いてみませんか。

 

ペン先を紙に滑らせるとき、

不思議と無心になれるのです。

まるで、はじめて触れる楽器の音を出す時のような緊張感。

その一文字にドキドキしながら

ひとつひとつ丁寧に描いていくと

その文字にはあなたがそのまま現れます。

 

お互いにひとつずつ年を重ねたいまだから、

ちょっぴりココロも広くなり

感謝のことばももっと素直に出せるかな。

 

おみやげに、TRANSHIP 安元祥恵さんオリジナルの

ミニアレンジをお持ち帰りいただけます。

misa3

IMG_4442

開催:4月11日(月)①14時~15時30分(満席) ②19時~20時30分(満席)

キャンセル待ちの方の受付をさせていただきます。

予約制 各回4名さま

おひとり3,000円(税込)お茶とお菓子、フラワーアレンジおみやげ付き

・お申込み contact@bihadasora.com

 

・おなまえ、ご連絡アドレスと携帯番号、①もしくは②のお時間枠を明記のうえ、

件名「母の日」としてメールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

森山ミサ カリグラファー

1969年生まれ。大学在学中にカリグラフィー(西洋書道)と出会い、

以降国内外の教室やWSで学ぶ。

講師、グラフィックデザイナーを経て、2007年よりカリグラフィー、レタリング、

活版印刷などを用いて、文字によるポストカードやペーパーなどの

制作を行う「ジジス」としても活動中。

www.zizismo.jp

 

TRANSHIP

〒142-0062 東京都品川区小山3-11-2-1F

tel  03-6421-6055

open 11:00~19:00

水曜定休

http://www.tranship.jp/

懐かしむ気持ち。

2016.02.26 Friday

毎日新聞に連載されている西原理恵子作「毎日かあさん」が、

話題になっているようです。

 

母を想う子としてなら

その気持ちを想像できるような気がします。

 

だって、母は、

三姉妹が小学生だったころの写真を

いまも手帳にしのばせているよと、

妹が教えてくれました。

 

(ありがとう、お母さん。)

 

写真は、こちらのサイトより。

毎日かあさん

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ