logo

紙芝居はたのしかった。

2016.07.31 Sunday

昨日は、“おむすびまるさんかく”さんが、夜に特別メニューをお出しいただける日。

沖縄の食材たっぷりの、滋味あふれる豊かなメニューを堪能させていただきました。

そして、嬉しい余興もあって、

昔懐かしい紙芝居を観ることができたのです。

 

紙芝居は、スズキスズさんによる一人芝居。

太鼓や、拍子木や声をふんだんに使って、

たのしく演じてくださいました。

 

ペットのピーちゃんとの顛末がたのしかったなあ

お話しはオチがなくて、アレ?もう終わり?って思ったけれど、たのしくて

カラダの力がふーっと抜ける、そんな愉快な紙芝居。

 

1950年代、東京オリンピックが開催されるの前の時代。

テレビがまだまだ普及していない日本で

駄菓子を食べながら、笑ってた子どもたちを想像してました。

 

スズキスズさんは、毎月第一日曜日、下町風俗資料館で紙芝居の上映をされています。

写真はサイトより

下町風俗

8月もいつも通りの営業です。

2016.07.30 Saturday

夏らしい暑い日が続きそうでございます。

暑さには慣れていても

やはり処し辛さも募るもの。

適度に水分お摂りになられどうかご自愛くださいませ。

 

さて、ことしの夏も、ソラはいつも通りの営業でございます。

長期休暇を定めずに、いつも通り日曜・祝日の定休日にて

この先も営業させていただきます。

 

ささやかですが、8月11日(木・祝)を、臨時営業させていただくことになりました。

 

ふとお時間ございましたら、いつでもネットでご予約ください。

みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

 

写真もネットより

20140728

昔のひとも眺めた青空。

2016.07.30 Saturday

柳田国男著「日本の昔話」を読んでいます。

 

なかに出てくるのは、クマ、タヌキ、サル、キツネ、ヒキガエル、鳥などなど

人間よりも、山に暮らす動物たちが主役の物語が多いのが面白くて。

たまに、ひとが登場したかと思うとどこか間抜けなところがあって

これを聴いてたひとたちも、きっと笑って過ごしたのでしょう。

 

なかにちょうど、8月1日のことを語った昔話がありました。

 

・・・・・

御辛抱の池

むかし肥後国の八幡村で、御社の近くの古池の水をさらえて、池の魚を捕ろうとしたことがありました。八月一日の日であったといいますが、朝から村の人たちが残らず集まって、せっせと水を汲み上げましたけれども、いつまで経ってもかえ乾すことが出来ません。そのうちに夕方になって、もう大分底に近くなったように思っていますと、だしぬけに見たことのない人が一人、その水の中から出てきました。そうしてぴょこんとお辞儀をして、皆様御辛労と言ったかと思うと、忽ち何処かへ消えてしまって、池の水はすぐに又もとの通り、池に一ぱいになってしまいましたそうです。それからこの池の名を御辛労の池といって、誰も魚を捕ろうとする者がなくなりました。

・・・・・

 

暮らし方はずいぶんと変化しているけれど、

眺めている空はそのころと同じ。

 

今朝も、すっきりと晴れました。

どうぞよい週末を。

20140702

 

ふたつの「横尾」さん。

2016.07.29 Friday

吉祥寺にある、お茶とお菓子「横尾」さんへ

行ってまいりました。

8月をもって閉店されるとのお知らせをみて

行かねばと。

 

店内は、ほぼ満席のお客さま。

運よく空いた席に腰を落ち着けて

沖縄ぜんざいに喉を潤しひと息。

目の前の本を読むともなしにぱらぱらぱら

あゝ、この時間が“横尾”だと

ひとりで喜んでおりました。

 

数年前までは、もうひとつの 日本酒と料理「横尾」へも

 

そこは、洞穴に居るような心地よさで、

美味しいおつまみと、いぶりがっこと日本酒があって

落語を聴いたり蔵元さんのお話し会などの催しが

それはいい時間でございました。

 

想えば、いまのソラがあるのは

こちらで、

吉田昌太郎さんのセンスと出会えたことが始まりでした。

ことばでは言い尽くせない感謝と尊敬をもって

心からお礼を申し上げます。

 

写真は、今は亡き旦那さまのお店“日本酒と料理 横尾”の看板です。

店前に寄り添うように立ててありました。

横尾

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ