logo

ことしも咲きます。

2017.03.30 Thursday

ソラからキャットストリートへ抜ける下り坂に

斜面に這うようにして大きな桜の木がありました。

 

道へ覆いかぶさるように太くてりっぱな枝を伸ばし

春になるとそれは見事な桜のトンネルを、楽しませてくれました。

 

ところが、この冬ばっさりとその桜の大木は切られてしまい

あるのは年輪が読める大きな切り株だたふたつ

切り取った大人たちを、心からうらめしく思っていたのでございます。

それがどうしたことでしょう

通りがかりによく見たら、切り株の脇に小さな蕾がたくさん育っているのです。

もう明日には開きそうな蕾を、見つけたときの嬉しさったらありません。

 

まるで、the big treeを彷彿させる

この桜が、ますます愛しくなりました。

 

ゆく河の流れは絶えずして

2017.03.29 Wednesday

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみにうかぶうたかたはかつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖と又かくのごとし。

 

この二日間、dauaさんをお招きした手相観教室で

たくさんの方の手のひらを拝見する機会に恵まれました。

誰一人として同じ線はありません。

大きさも、色も線の太さもほくろの位置や大きさも、

それぞれに違って、それぞれにいつの間にか変化しているようでした。

 

時は1212年3月、いまから805年遡るこの国で、

鴨長明が遺した「方丈記」を思い出します。

 

果たしてこれの真意を理解しているのかどうか

流れるようにしなやかなこの序文に魅力を感じ

ただ強く惹かれているだけなのかもしれません。

 

空を流れる雲のように

常に変化する自分と向かい合い

こうして、今日も

朝を迎えられたことに感謝をこめて

 

「さくらのはなびら」

2017.03.28 Tuesday

「さくらのはなびら」 まど・みちお

えだを はなれて
ひとひら

さくらの はなびらが
じめんに たどりついた

いま おわったのだ
そして はじまったのだ

ひとつの ことが
さくらに とって

いや ちきゅうに とって
うちゅうに とって

あたりまえすぎる
ひとつの ことが

かけがえのない
ひとつの ことが

・・・・・

雨が上がりました

桜もいよいよ咲き始めてくれるでしょう。

 

これからというときに、

はなびらが散るこの詩を思い出しました。

 

何事も、いつか終わるから

一生懸命できるのかもしれません。

 

一生懸命な姿をいいなと思います。

 

どうぞ、今日もよい一日を

 

 

 

 

 

 

稀勢の里のがんばり。

2017.03.27 Monday

稀勢の里関の奮闘に感動しています。

 

一日前のニュースで、肩にケガをしたことを知りつつ

千秋楽もいつの間にか終わっていたころに、

妹たちとのグループlineで、それを知り

夜のサンデースポーツで釘付けになりました。

 

優勝決定戦までもつれこんだことも

新横綱で優勝した快挙も

その後手にした優勝杯でのシーンも

たいへん感動的で、じーんと心に響いています。

 

ケガの状態はわかりませんが、

ふり返ってそのときの録画を観ると

顔を大きくしかめて苦しそうにしていました。

きっと痛かったんだしょう

 

昨日の千秋楽で、一日に続けて2つ取るという快挙

逆転優勝という大感動を与えてくれました。

 

次は5月に東京場所です。

すぐさま、チケットの先行予約をしたのは言うまでもありません。

抽選結果はどうあれ、

いまは稀勢の里のがんばりに、エールを贈りたい一心でございます。

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ