logo

和菓子を自由に。

2018.02.28 Wednesday

高島屋和菓子バイヤー畑主税さんは、

和菓子への愛が海より深いのではと思わせるほど

和菓子を語り出したら止まらない。

 

昨日まで開催されていた「WAGASHI 若き匠たちの挑戦」は、

新宿高島屋のコーナーがごった返すほどの盛況で幕を閉じたよう。

 

ソラで開催させていただいた「お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」の

第一回でのおはなしをきっかけに、和菓子が、実はとても自由なものだということを

畑主税さんに教えていただくことができました。

 

江戸時代から続く山形の老舗、佐藤屋さんの銘菓のし梅が、

チョコレート菓子として発表されるのもそのひとつ。

白餡と寒天を混ぜ合わせたチョコレートは、バターを感じさせるほどに濃厚で

のし梅の甘酸っぱさと混然一体となり風味豊かな一品になっています。

 

別注でお創りいただいた上生菓子は、

啓翁桜をイメージするため、わざわざご友人の花農家さん宅まで

視察に行って仕上げてくださったという。

ラム酒の香りが大人の雰囲気を漂わせる、お酒にも合う一品になりました。

声が融け合う瞬間で気づかせてくれたこと。

2018.02.27 Tuesday

CANTUS太田美帆さんをお招きする声のワークショップは、

おかげさまで3年目を迎えています。

回を重ねるごとに新しい出会いや、違った気づきのある時間。

 

声が融け合う瞬間を経て変わった自分。

声を出すことで気づいたことや、

この時間が自分にとってどんな時間だっただろうかと、

みなさまから、すこしずつ声が届いています。

 

その声は、まさに十人十色。

詩のようにつぶやいてくださったり

正直な気持ちを自分のことばで伝えてくださったり

もうすこし考えてみてもいいかと、わざわざ事情を知らせてくださる方もあり

 

声を出す。

まさにプライスレスのその行為には

想像を超えた体験が待っていた。

 

自分の声が、ほかのひとの声と融け合う瞬間

目を閉じるとそこには宇宙が広がっている。

 

父との会話。

2018.02.26 Monday

にわかに俳句熱が高まっている自分にとって

思いがけなく父との会話が生まれたのが嬉しいこと。

もちろんこれまでも、何かと言うと電話していたのではありますが

お互いに息災であるかどうかが常なので

声のハリを確認するくらいの短いものでありました。

 

先日は、教本が届きました。

添えてあることばが、誠にわが父らしくて愉快愉快。

子どものころから三日坊主のわたしをたいへんよくわかっている。

 

まあ、決してさらりと読めてはいないが

それでも惹きこまれるに十分な内容で、電車に揺られつ読んでます。

 

辻桃子著「あなたの俳句はなぜ佳作どまりなのか」

 

第一講 正直に。

目に飛び込んできたそれに、こころ鷲掴みにされました。

 

逃げました全焼でした震災忌 さいとう二水

 

たけしさんの涙。

2018.02.25 Sunday

大杉漣さんの訃報を聞いてなお、

多くの出演番組のなかで元気な姿を見ているせいか

その死を考える時間が日に何度か訪れます。

 

特に、昨夜のTBS「新情報7days」での追悼は心に沁みる内容でした。

たけしさんが訥々と語ることばに、

どれほど身近な存在だったのかが痛いほど伝わってきます。

 

訃報が流れたその日、

収録明けにマネージャーさんから告げられたそう。

亡くなられたという意味と、

大杉漣というなまえは認識できたはずなのに

しばらくはその死を理解できなかったということを

話しておられました。

 

現実を理解できずにいる自分。

あまりにも突然で、その衝撃が大きいからこそ

どこかでそれは事実じゃないと

自分でそれを消そうとするのだろうか

 

たけしさんの涙を、はじめて目にした。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ