logo

なかほら牧場のバター。

2018.07.30 Monday

ついに、待ちに待ったグラスフェッドバターが届きました。

TBSテレビ「マツコの知らない世界」で観たのをきっかけに

注文してから、待つことおよそ二か月間。

待っていた時間も長いけど、これを待つのもいい時間でありました。

 

ピュアグラスフェッドバター。

何度読んでも覚えられないなまえですが、

自生する野草や木の葉だけを食んで育つ牛の乳で作られたバター

ということなのだそう。

 

草に含まれるカロテンにより黄色味を帯び、風味豊かな口どけは

100㎏の生乳から、わずか4㎏しかできない貴重さを感じさせてくれます。

 

バターをいただくために、買いに走ったVIRONのバケット

今朝は、我が家では滅多にないパンが、メインの朝食をいただきます

 

 

 

逆のコースで行く台風に。

2018.07.29 Sunday

台風が過ぎていきました。

いつもと逆のコースをたどる行先に

予報士の声を確認しながら聞くニュース。

 

自転と公転を続けているから

この国では、天気は西から東へ移るものだと

もうずっとそれが当たり前だと思ってました。

 

東から西へ移動する台風のこと

もうびっくりです。

天気図で予報円が修正されるたび

西へと向かう角度がついて

あららほんとうにこんな風に行くのねって

今朝のニュースを見るまで半信半疑でおりました。

 

常識がまったく通用しないこと

気象の世界でも起きている。

過去にとらわれず、どれだけ柔軟でいられるか

思い込みを捨てていく

嵐の前の静けさ。

2018.07.28 Saturday

しとしとと雨の降る風のない朝を迎えました。

ニュースでさんざん注意喚起されてるためか、

この静けさはあれ…という感じもある。

 

嵐の前の静けさよ

台風よ

どうか穏やかに通り過ぎていって欲しい

 

と、こうしてる間に雨が強くなってきました。

ほんとうに久しぶりの雨

大地の潤い、田畑の恵み、

どうか水害とまで大きくなりませんように

「猫はしっぽでしゃべる」を読んで。

2018.07.26 Thursday

ヘイデンブックスでは、林下英治さんが選んだ本やCDを購入できます。

これもそのひとつで、きっと面白く読めるはずと薦められた一冊でした。

田尻久子著「猫はしっぽでしゃべる」

著者本人が営む小さな書店、橙書店を中心にした日々のことを

綴ったエッセイ集でございます。

 

いい文章はどんどん先を進みたくなり

読んだら途端に、自分の書く文章まで上手くなったような気がするから嬉しい。

途中、涙がにじんで読めなくなることが幾度もあったが

辛いとか悲しいとかじゃなくて

それをまるで自分のことのように置き換えながら読み終えました。

 

書籍リストに、

読もうと思ってずっと棚にあるタイトルがあったのも

読んでみたいと思った理由。

 

本を読むことは旅に出ることに似ている。

この本に出会えたことも、人生を大いに彩ってくれたに違いない。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ