logo

blog

歌は、祈りからはじまった。

2017.09.24 Sunday

歌の起源はなんだろう。

月に一度、CANTUS太田美帆さんをお招きしている歌じかんを想うと

つぶやくような歌声にいつしか

祈りが重なっていくような感覚になることがありました。

 

神社でお参りをするときの感じや

お墓の前で手を合わせたり

道端のお地蔵さんに頭を下げるときのように

 

声に出すのではなく

身体の奥の方で唱える、まだことばにならないもの。

 

Taize テゼ

ラテン語の意味をよく理解しないまま、

音を声に出して、その短い節を歌い続けていると

歌は、祈りからはじまったのかもしれないと想う。

 

ほかのひとたちの声の環の中で、

目を閉じて自分の声を聴きながら歌うとき

包容力は、宇宙すら包み込むよう

 

肌は、サランラップほどの薄さで守る。

2017.09.23 Saturday

わたしたちの身体を覆う肌は、

サランラップほどの薄さだと言われています。

1ミリ満たない繊細さで、昼夜日々、守ってくれる最大の臓器。

 

なかでも顔は、脳と直結する感覚器が集まるところ

常に世界とつながって、自分の置かれた環境を察知しています。

外からの刺激を浴び続けつつ

中の様子も刻々と表現するのがお肌の仕事。

 

ストレスを消化できなかったり、

胃腸が荒れたり疲れたりしてると、

吹き出物として現れたり。

貧血や睡眠不足が重なると、くすみや顔色悪くなってみたり。

 

お肌は、バロメーターでもあるのです。

 

夏の間、紫外線をたっぷり浴びたお肌なら

火照りをやさしく鎮静し、しっとり潤いチャージしてあげましょう。

日焼けした肌を無理にピーリングするのは禁物です。

まず鎮静、そしてたっぷりの水分と美容成分でゆっくり保湿。

 

今日は秋分、もう秋ですね。

 

 

「リンゴ」

2017.09.22 Friday

いま手に取っているのは、詩人まどみちおさんの「百歳日記」。

2009年に放送されたNHKスペシャル「ふしぎがり~まど・みちお百歳の詩」の

取材記録と編集部による追加取材をもとに再構成された書籍でございます。

 

響くことばが、あちこちある中で

この詩に心奪われました。

 

やはり、りんごには、特別なチカラがあるのでしょうか

 

「リンゴ」

 

リンゴを ひとつ

ここに おくと

 

リンゴの

この 大きさは

この リンゴだけで

いっぱいだ

 

リンゴが ひとつ

ここに ある

ほかには

なんにも ない

 

ああ ここで

あることと

ないことが

まぶしいように

ぴったりだ

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ