logo

blog

アーチスト、やまもとまなさんの来訪に。

2017.11.22 Wednesday

Brose&Butter.で活躍されるアーチストやまもとまなさんが、

ソラにいらしてくださいました。

山ト波 鷹取愛さんのご紹介で、はじめてのソラへ。

 

月替わりの香りにあしらわれるエッセンシャルオイルの、

植物だったとき姿を話してくれたり

花や木々の美しさについて話したりと、

なんとも気持ちのいいおしゃべりをする時間。

 

はじめてのトリートメントを、おたのしみいただけたでしょうか。

すっきりとされ、お肌もワントーン明るくなられたまなさんは

それはそれは美しく、花のように輝いておいででした。

 

またいつでもお待ち申し上げます。

空き枠ご案内申し上げます。

2017.11.22 Wednesday

ふと思い立ってくださったとき、ご都合との確認をしていただけますよう

ここに近日中の空き枠をご案内申し上げます。

毎日、随時更新しています。

ショートリンクアドレスはこちらです。

http://bihadasora.com/aki

★トリートメントルームは、2部屋ございますので、

いずれのお時間枠も、お好きなメニューをお選びいただきまして

充分にゆったりお過ごしいただけます。

 

11/23(祝・木)臨時営業・満枠

11/24(金)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

11/25(土)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

11/26(日)定休日

11/27(月)満枠

11/28(火)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

11/29(水)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

 

スタートのお時間は上記に限らず、例えば30分単位でご指定いただけます。

これ以降のお日にちも、もちろんご予約承れます。

ご予約はいつでもネットでお待ち申し上げます。

http://bihadasora.com/yoyaku

SOR_0002[1]

 

 

 

目を閉じて歌をうたい、あとは昼餉をなす時間。

2017.11.22 Wednesday

CANTUS太田美帆さんをお招きする歌のじかんが、

いよいよ3年目を迎えます。

毎年、すこしずつ変化をたのしんでいるこの企画へ、

新しいメンバーをお迎えすることができました。

 

2018年は、歌のじかんとお昼ごはんを組み合わせた時間を

みなさまと過ごせたらと存じます。

奇数月は、ごはん担当 麻生要一郎さんの特製弁当を

偶数月は、パン担当 うぐいすと穀雨 菜々さんの特製サンドウィッチを

月替わりでお召し上がりいただけます。

 

目を閉じて、静かに歌をうたったら

美味しいお昼ごはんと淹れたての珈琲でひととき楽しく過ごしましょう。

 

そして、歌のじかんも嬉しい特典が。

月替わりで、太田美帆さんがオリジナルの小さな聖歌を作ってくださることになりました。

その場で渡される全11曲の新しい聖歌は、月ごとにカードでお持ち帰りいただけます。

 

目を閉じて歌をうたい、あとは昼餉をなす時間

美肌室ソラにて、みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

(写真は、humming bird coffeeさんで撮影しました)

目を閉じて歌をうたい、あとは昼餉をなす時間。

開催:毎月第三火曜日の朝10時~12時

1/162/203/204/17.5/226/197/178/219/1810/16、11/20

★1/16(火)麻生要一郎特製弁当付きの回のお申込みを受付中

おひとりさま4,000円(税込・お昼ごはんとHummingbird coffeeの珈琲付)

定員10名さま(残り9席)

お申込み:contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号を明記の上、

件名「声のWS」とし、メールにてお申込みください。

追って、参加費ご請求メールを返信申し上げます。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

・・・・・

講師:太田美帆

「声を出すことは、知らない人の前で裸になる位勇気のいること」と思っていて、例えばそんなに親しくない人と、たまたま温泉に入ることになってしまい、最初はモジモジするけど、ひとたび一緒に浸かってしまえば、お風呂上がる頃には随分仲良くなれてる、スッキリしてる、このWSはそんなシチュエーションと少し似てるなぁと思います。この会の特別なトコロは、歌ってから1つの食卓を囲む時間もある、ということ。麻生要一郎さんと、「うぐいすと穀雨」鈴木菜々さんが作って下さるお弁当の美味しさは、自然と顔がほころぶし、食後の「humming bird coffee」吉村健さんが淹れてくれる人柄溢れる優しい珈琲は心も温めてくれます。”声と昼餉”をキッカケに、皆さんのペースで、それぞれの発見ができる場でありたいと思っています。

珈琲:Hummingbird coffee 吉村健(よしむらたけし)

上手にうたうことや他者から高評価を得られるようになることを目標とした“レッスン”ではなくて、雑談したり、発声したり、声を重ねてみたりするなかで感じたり、遊んだり、気づいたり、癒されたり、整えたり、浄化されたりしていくような時間。そんなふうに感じているワークショップだから、終了後の心や身体にスッと入っていくような、ホッとするようなコーヒーを提供できたら、とおもいながら参加しています。

 

奇数月のお昼ごはん:麻生要一郎

人が生きていく上で抱えている様々な感情は、誰しもが心の中で飼いならしているのではないだろうか。心の中にあるどれとは言えないもどかしい思いも、或いは喜びや悲しみも、声にのせて喉から身体の外へと運び出す。
美帆さんに導かれるようにふつふつと声を出し、自分の旋律を奏でたならば、何かがすっきり整うのではないだろうか。それぞれの旋律を聴いた後で、共にに昼餉を囲む。僕の届けるお弁当は、家庭の味。我が家の季節の食卓をそのまま投影したお弁当を召し上がれ。食後には美味しい珈琲も供される。「声と昼餉」日常から解放されるひと時の旅のような時間を過ごしに是非お出かけ下さい。

 

偶数月のお昼ごはん:うぐいすと穀雨

うぐいすと穀雨は、パンと珈琲 雑貨を扱う 小さなお店です。この度、ご縁を頂き お昼ごはんをご用意させて頂けることになりました。私にとって、パンを作ることと歌をうたうことは、同じようなことです。気持ちの内側を少し 外に出してみる。気持ちが伝わるように 丁寧に。歌うように 作ったパンで。みなさまと素敵な時間が過ごせますよう 精一杯、努めさせて頂きます。

 

 

冬の大三角形。

2017.11.21 Tuesday

電話ボックス冬の大三角形の中  今井 聖

 

いまから二年前の冬、

ヒロイヨミ社 山元伸子さんが選んでくださった一篇です。

季節ごとにテーマを決めて、読書サロンをしておりました。

この日は、「星」にまつわることばより

 

冬になり、星が日に日に美しく輝いているように思います。

子どものころ、理科の教師をしていた父に

あれがオリオン座で、一番明るい星をつないだのが冬の大三角形だよ、と

話してもらった記憶がうっすら。

 

このごろは、電話ボックスも影が薄くなっています。

家族に聞かれたくない恋人とのおしゃべりのため、

静かな夜の電話ボックスに駆けていったのでしょうか

 

便利と引き換えに無くなっていくものを

たまに懐かしむことがあってもいいなと思いました。

 

電話ボックス冬の大三角形の中  今井 聖

写真はこちらより

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ