logo

blog

前田ひさえ個展「くりことあめおに」

2017.10.18 Wednesday

前田ひさえさんから、個展のご案内が届きました。

会場は、きっと紅葉のうつくしい京都でございます。

秋の京都へご旅行の折に、立ち寄れたらいいですね

 

詩人の蜂飼耳さんの書き下ろしの物語で、作られた絵本

「くりこ と あめおに」の原画展。

 

蜂飼耳さんの紡ぐことばを思い出し、

手に取る前からうっとりしています。

ソラの本棚に、いつか置けるといいな絵本。

前田ひさえ個展

くりこ と あめおに

10月21日(土)~11月1日(水)11時~19時 木曜定休

子どもの本専門店 メリーゴーランドKYOTO

京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2寿ビルディング5階

 

空き枠ご案内申し上げます。

2017.10.18 Wednesday

ふと思い立ってくださったとき、ご都合との確認をしていただけますよう

ここに近日中の空き枠をご案内申し上げます。

毎日、随時更新しています。

ショートリンクアドレスはこちらです。

http://bihadasora.com/aki

★トリートメントルームは、2部屋ございますので、

いずれのお時間枠も、お好きなメニューをお選びいただきまして

充分にゆったりお過ごしいただけます。

 

10/19(木)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

10/20(金)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

10/21(土)12時~/13時~/15時~/17時~/18時~/19時~

10/22(日)定休日

10/23(月)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

10/24(火)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

10/25(水)お好きなお時間で

10/26(木)12時~/13時~/15時~/16時~/18時~/19時~

 

スタートのお時間は上記に限らず、例えば30分単位でご指定いただけます。

これ以降のお日にちも、もちろんご予約承れます。

ご予約はいつでもネットでお待ち申し上げます。

http://bihadasora.com/yoyaku

SOR_0002[1]

 

 

 

空調の効いた室内の乾燥でも潤いを逃がさない、化粧水。

2017.10.17 Tuesday

花王ソフィーナの上位ブランドestが中吊りを出しておりました。

新しい成分を配合した化粧水の誕生です。

 

過酷な乾燥でも闘い続ける。砂漠の生命が生み出す成分に着目。

エスト究極の化粧水、誕生。

私たちが毎日を過ごす、空調の効いたオフィスなどの室内。閉めきった部屋の湿度は20%台に下がることもあり、まるで砂漠にも匹敵する乾燥環境です。そんな過酷な環境を生きる女性たちに、エストの保水研究の成果を凝縮した一本を。角層細胞のケラチン繊維に、潤いを束縛するように抱え込ませ、ハリあふれる肌へ。

 

という謳い文句です。

さっそく、サンプルを使ってみました。

新しい化粧品を試すときは、普段のものに、

その新しい一品をひとつだけ足してお試しください。

翌朝の感触が変化していたら、その変化が、お肌にもたらす希望になります。

 

わたしの実感。

肌の弾力がいつもよりもアップした(かな?)

良い睡眠をとれたことも理由なのかもしれません

Tゾーンのベタつきもなく

さらりとした気持ちのいい朝を迎えることができました。

 

空調の効いた空間で過ごす時間が増えているいま、

女性の琴線に触れるすばらしい着眼点。

 

評価は、まずご自分のお肌でどうぞ。

いまなら、抽選でサンプルボトルをプレゼントしてくれるそうです。

http://www.sofina.co.jp/est/experience/cp_20170822_02/?cid=est_google1709a

エスト ザ ローション

本品 140ml 税抜6,000円(6,480円)
レフィル 130ml 税抜5,500円(5,940円)

声で演奏すること。

2017.10.16 Monday

昨日の余韻がまだあって

4人の歌声が頭のなかに残っています。

「祝いのうたは日々のために。」、ほんとうにありがとうございました。

 

声は、からだであり

ひとりひとりに違う波を持っていて

そこにいるすべての波が同時に揺れても

交わるようなもつれ合うような。

 

太田美帆さんのはからいで、

その日のための2声の合唱曲を歌う時間がありました。

初めは、声を出すことに躊躇したひとでさえ

その波をカラダで感じるうちに

目を閉じて歌っていたのを知っています。

 

言葉が通じないと思うくらいに分かり合えないこともある

考えても、理解できないこともある

 

でも、

こうして目を閉じて歌っていると

違うことこそが世界なんだと思えるのでした。

 

森ゆに「祝いのうた」は、雨と休日オンラインショップでお求めいただけます。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ