logo

blog

映画「ダンケルク」より。

2017.09.21 Thursday

公開中の映画「ダンケルク」を、観てまいりました。

クリストファーノーラン監督が挑んだ第二次世界大戦の一端。

兵士たちの生き残りをかけた、大いなる撤退を描いた作品です。

 

公式サイトにはこう書かれていました。

海の町ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人。
若き兵士トミーは絶体絶命の地から脱出できるのか?

フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

 

わたしたちの祖父母や、父母が体験したそのときのことを、

ほとんど何も理解していないんだろうなと

こうして大戦を扱う作品を観るたびに感じます。

 

それは、きっといくら観ても、聴いても、読んでも

追いつかないくらいにたくさんの事があったのでしょう。

 

否応なく巻き込まれていく市井のひとびと

誰にだって故郷に戻れば、家族が待っていただろう。

 

未経験の私には、遠い昔の出来事のひとつとして

日常に戻った途端にすぐ忘れてしまうけど

忘れてもまた思い出して、

二度と起こしてはいけないと願い続けよう。

 

泡のように儚い一生を、争いで亡くすことのないように

 

 

キャンセル待ち受付中|声が融け合う瞬間に。麻生要一郎さん特製弁当付きスペシャルバージョン。

2017.09.20 Wednesday

昨日は、CANTUS太田美帆さんをお招きする月に一度の声のワークショップの日。

青木隼人さんが、新作アルバムを持って駆けつけてくださるというサプライズ!

 

料理家 麻生要一郎さんの特製弁当を

皆でほおばるなんとも贅沢で特別な回でございました。

食後にいただくhumming bird coffee 吉村タケシさんのコーヒーが美味しい。

 

声が融け合う瞬間に、想うこと。

もうきっと戦争もいじめも、この星から無くなるよ。

…という持論がさく裂するのです。(笑)

 

なぜなら、ひとの声は、どんな音も高さも大きさも

すべてを許容し包み込む、それはそれは美しい響きだから。

目を閉じて声を出し、声が融け合う瞬間に、

ありのまま、そのままでいいんだよと言ってもらえたような気持ちになるのでした。

 

次回も、ご好評にお応えして料理家 麻生要一郎さんの特製弁当付きのスペシャルバージョン。

そして青木隼人さんも、駆けつけてくださいます。!

10月17日(火)あさ10時~12時に、ぜひみなさまのお越しをお待ち申し上げます。

声が融け合う瞬間に。珈琲付き朝の歌じかん

麻生要一郎さんの特製弁当付きスペシャル

10月17日(火)あさ10時~12時くらい

おひとりさま4,000円(税込)

定員10名さま(満席)

キャンセル待ちの方の受付をさせていただいております。

お申込み:contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、参加人数を明記の上、

件名「歌のレッスン」とし、メールにてお申込みください。

男性のご参加も大歓迎です。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

 

 

最終回10/10|カリグラフィーレッスン・好きな書体に挑戦するラストデー!

2017.09.19 Tuesday

カリグラファー冨樫美早さんをお招きする定期レッスンも、

いよいよ最終回となりました。

 

冨樫美早さん直筆の書体の見本表をもとに

時間は30分拡大して1レッスン90分。

 

残るのは、この書体。

・しなやかで女性らしい流れるような筆記体「モダン・カッパープレイト」(7月満席御礼)

・ちょっぴり男性的な香り漂う力強い書体「アンシャル」

・気品ある美しい貴族を想わせる書体「イタリック」

10月10日(火):大文字の書体で、見出しやタイトルにぴったりの書体「ローマンキャピタル」

そして、嬉しい特典も。!

スマートフォン用カリグラフィー・デコレーションシートを

一回のレッスンに一枚、プレゼント。

写真は、9月の。

9/12(火) Every day is a new day.

(ヘミングウェイ)とにかく、新しい毎日なんだ。

10/10(火) For attractive lips, speak words of  kindness.

(オードリー・ヘップバーン)魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと。

 

開催:10/10(火)朝10時~11時30分

定員:4名さま(残り2席)

レッスン料3,000円(税込、coucou 特製月替わりのハーブティ付き)

★道具はすべてこちらでご用意いたします。

+++++

お申込み:contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、参加人数を明記の上、

件名「カリグラフィー」とし、メールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

冨樫 美早(とがしみさ) カリグラファー

1969年生まれ。大学在学中からカリグラフィー(西洋書道)を国内外の教室やWSで学ぶ。

講師、グラフィックデザイナーを経て、2007年より文字によるポストカードやペーパーなどの

制作を行う「ジジス」としても活動中。

近年はModern Pointed Pen Calligraphyにも力を入れている。

https://zizis333.blogspot.jp

 

動かさないと動かなくなる。

2017.09.18 Monday

「動かさないと、動かなくなる。」と教えてくれたのは

スタジオタイラのTakakoさんでした。

いまも、月に一度のペースで、マシン・ピラティスレッスンに通っています。

 

日々変化(老化)していくこの身体

動かさないと動かなくなる。

 

関節の可動域が狭くなり、

動かしていない筋肉はどんどん細くなっていくから

肩や背中が前傾に、足はいつしかO脚に靴は側面ばかり減っていく。

 

ラクだと思ってする姿勢、

骨格や内臓にとってマイナスだと気づいてから

電車で座る姿勢が変わりました。

 

年をとるのは止められないから

せめて、老化速度をゆったりと。

日々、動かしてあげましょう。

 

お肌もきっと同じです。

お手入れは、できるだけ若さを保つ秘訣と思って

二重あごも、たるんだ頬もみたくないもの

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ