logo

blog

なんてすごい一日。

2018.02.18 Sunday

昨日は、日本中が喜びに沸いた一日でした(と思っている)。

なんといっても、フィギアスケートでの金・銀メダル!

羽生結弦選手の金と、宇野昌磨選手の銀はうれしい。

 

なんど映像で目にしたことでしょう。

何度見ても感動的で、ひととして尊敬する気持ちがどんどん大きく膨らんできます。

早稲田大学人間科学部通信教育課程に在学中ということで、

大学総長の祝辞も花を添えて。

 

偉業を達成したおふたりを、心から祝福したくなります。

我が家では、さっそく祝杯をあげました。

 

そしてもうひとつ、将棋の世界でも凄いことが起きていました。

朝日杯将棋オープン戦で

国民栄誉賞を受賞された羽生善治さんを破り、

見事、優勝を勝ち取った藤井聡太さん。

史上最年少で六段へ昇段されたのだそう。

 

凄い。

 

自分よりもうんと若いひとたちの偉業は、

おなかの底から小さなエネルギーが湧いてくるような気さえする。

希望とは、こういうことかもしれないと

強く感じた一日でした。

羽生結弦選手のかっこよさ。

2018.02.17 Saturday

昨日は、いったい何度、羽生結弦選手の映像を目にしたでしょう。

何度見ても飽きないかっこよさ

 

ジャンプに入る前も滑らかな演技が続く華麗さや

目線ひとつひとつに表れる表情も

終了後の身のこなしも

直前に撮られたいくつかのシーンでさえ、愛嬌を感じられ

 

というわけで、今日も、羽生結弦選手のことで

頭のなかが占有されるのが決定的となりました(笑)

 

有言実行。

オリンピックという大舞台で

なかなかできることではありません。

 

そのために何をしてきたか

費やしてきた時間と努力の濃さが

いまの自分を作っている。

 

大舞台に立つことがなくても

いまの自分を誇りに思えるようになりたいな。

山形は佐藤屋の別注菓子と啓翁桜をたのしむとき。

2018.02.15 Thursday

昨日は、「お花をたしなみ、おやつをたのしむ。火と水の狭間で」の第一回開催日。

おかげさまで無事に終了させていただきました。

ご参加くださいましたみなさまには、

きっといまごろ、桜が開きはじめているでしょう

ここしばらくは、ご自宅での花見をどうぞゆっくりおたのしみくださいませ。

 

それにしても、同じ水で生まれるお菓子と花の相性は

抜群のコンビネーションで目にも舌にも楽しませてくれました。

ハナノヒト太田瑞穂さんは、1.2メートルからなるずっしりとした枝束を

市場から直々にお運びくださいました。

枝花にある表と裏のおはなしは、まさに目から鱗の蘊蓄で

太陽を見つめる蕾たちのこと、一層愛しくなりました。

 

和菓子バイヤー畑主税さんは、佐藤屋 八代目のご主人に、

わざわざ別注の上生菓子を頼んでくださって。

 

じっくりと眺め、舌でゆっくり味わって

お菓子のなまえを考えるだなんて

初めてのことばかりです。

 

次回の水の日開催は、6月13日(火)に新潟のお菓子と芍薬でお届けします。

ぜひどうぞたのしみにいらしてくださいませ。

 

愛は時間がかかるもの。

2018.02.14 Wednesday

育ててくれたから

誰だって親を愛せるわけではないように

親も子を、兄弟姉妹だってお互いを

生まれた瞬間から愛せるわけではありません。

 

きっと愛には、たくさん時間がかかるのです。

同じ時間を過ごした経験や記憶の重なりで

しみじみとお互いのことを理解する。

 

愛おしいと思う。

自分よりも相手を尊重する気持ち。

困っていたら手を差し伸べる。

愛ってなんだろう。

 

銀メダルをとったスピードスケートの高木美帆選手の報道で

姉の髙木 菜那選手が答えたインタビューが頭に残って、

なぜだかこんなことがよぎりました。

 

銀メダル、おめでとうございます。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ