logo

古川誠 初出版記念トークショー&ライブ「喫茶店という場所の物語性について。」

2016.01.05 Tuesday

オズマガジン編集長として活躍される古川誠さんが、

はじめての小説を出版されました。

その著書「りんどう珈琲」の初出版を記念して、

美肌室ソラでイベントを開催させていただきます。

 

喫茶店という場所の物語性について

~「りんどう珈琲」作者と「クルミドコーヒー」店主が語る喫茶店の話~

 

ソラと古川誠さんとの関係は、

オズマガジン「イゴコチいいところ」号でご掲載いただいたことがはじまりでした。

その後、読者のみなさまとの交流イベントにお招きいただいたり、

ソラのワークショップでもお招きしたり…

古川さんの周りには、いつも穏やかな空気が流れていて

それはそれは心地よい時間を過ごせるのでした。

 

初の著書“りんどう珈琲”は、

いまではたいへん珍しい箱入りの2巻。

ひとつひとつ丁寧に手製本された美しい本でございます。

クルミド出版、記念すべき第三作目のそれは

装丁家 青木隼人さんの水彩で彩られています。

IMG_3629

この夜は、

「りんどう珈琲」作家 古川誠さんと、クルミドコーヒー店主 影山知明さんのトークと

青木隼人さんのギター演奏をおたのしみくださいませ。

淹れたてのクルミド珈琲を、ご用意してお待ちしております。

+++++

開催:2月10日(水)19時開場-21時終了

参加費:おひとり3,000円(税込・クルミド珈琲一杯付き)

定員:12名さま(満席)

キャンセル待ちの方の受付をさせていただいております。

お申込み:contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、参加人数を明記の上、

件名「出版記念」とし、メールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

著書「りんどう珈琲」の即売会とサイン会、

クルミド珈琲の豆の販売などもございます。

まだお読みでない方も、お気軽にご来場くださいませ。

+++++

影山知明

クルミドコーヒー店主。クルミド出版代表。

「やがて森になる」「10年後、ともに会いに」「りんどう珈琲」

「作品集『月の光』」「こどもの時間 -Childhood-」と、5冊の本を出版する

 

青木隼人

音楽家。ギター奏者。

自身のCDのパッケージや「りんどう珈琲」の装丁を手がけるなど、

アートディレクションなども行う

http://grainfield.net/

 

古川誠

編集者。オズマガジン編集長(スターツ出版)など雑誌編集者。

地域情報誌アエルデ(スターツ出版)のクリエイティブディレクター兼任

 

 

oz magazine編集長 古川誠+ignition gallery主宰  熊谷充紘+ここだけの音楽 豊田真之+食堂くしま/ワークショップ17  

2014.07.13 Sunday

古川誠さん、熊谷充紘さん、豊田真之さん

それぞれの想うキラキラしたことを

好きに自由に軽やかな空気の中で語るひととき。

雲のかかる空の下

2014年の夏に、2020年の夏のことを想うころ。

みなさまのおかげで、無事に予定の内容を終了することができました。

ほんとうにありがとうございました。

 

明日も、またこれからも、キラキラしたことがありますように。

2014071301

2014071302

2014071305

2014071303

2014071306

oz magazine編集長 古川誠+ignition gallery主宰  熊谷充紘+ここだけの音楽 豊田真之+食堂くしま/ワークショップ17  

2014.06.16 Monday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

月に一度、ワークショップを開催しています。

素敵な作家さんとのひとときを、おくつろぎください。

vol.17 「ボクたちの想うキラキラした30のことと、未来の自分へ書く手紙。」

女の子の頭の中は

いくつになっても

男の子には分からない。

 

だから、わたしたちも

僕たちの考えていることは

いくつになっても謎だらけ。

 

いつも何を考えているの。

いま何が面白いの。

いま、キラキラしてるものは何。

 

丁寧な雑誌作りを続けて、

その巻頭文をたのしみにしている読者も多い

oz magazineの編集長 古川誠さん。

いつもロマンチックな企画で、

たくさんのファンを持つiginition gallery主宰 熊谷充紘さん。

日本全国あちこち旅して

いつもそこだけの、そこにしかない音楽を奏でる 豊田真之さん。

 

3名の「男の子」代表をお招きして、

それぞれがいま、キラキラしてると想う30のことを

そのときの気分で語っていただきます。

 

それは、

〝祖父〟

〝花屋で季節の花を買う〟

〝街を行きかう足音〟

・・・の、僕が想うキラキラしたことだったり

 

〝横並び〟

〝女性が髪の毛の上からマフラーを巻くとマフラーの上の髪がふんわりしていて、それ〟

〝集中してる横顔〟

・・・の、僕が想う、女の子がキラキラしていることだったり。

 

おはなしと音楽を聴いたら、

締めくくりは、未来の自分に書く手紙。

 

2020年の自分に向けて、

どんな言葉をかけるでしょうか。

お預かりしたお葉書は、

タイムカプセル未来便さんにまとめてお預けさせていただきます。

 

キラキラした2020年の未来の自分を胸に、

3人の男の子との眩しい時間を、おたのしみください。

(写真はネットより)

2014060501

+++++

日時:7月13日(日)

・ワークショップ ①12:00-13:30(満席) ②15:00-16:30(満席) 各回定員6名

キャンセル待ちの方のお申込みを受け付けております。

・参加費 おひとり3,000円(税込) 食堂くしまさんのスイーツとお茶付き

・お申込み contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、7/13の会と①or②ご希望と明記の上、

メールにてお申込みください。

※先着順にて受付し、後程、ご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

+++++

古川 誠

1998年スターツ出版入社。

2008年よりオズマガジン編集長、2009年より増刊(OZ TRIP)編集長兼任。

趣味はスニーカー収集、スケートボード、文章を書くこと。

 

熊谷充紘

1981年生まれ。2011年4月よりフリーの編集者。

ignition gallery主宰。

書籍や雑誌の編集、原稿の執筆、イベントの企画・展示。

誰かにとっての何かの〝きっかけ〟を生み出せたら。

ずっと水たまりを覗いていたらいつのまにかそれは窓になっていた。

http://ignitiongallery.tumblr.com,

 

豊田真之

1986年生まれの音楽家・映像作家。

2013年よりNHK Eテレ「考えるカラス~科学の考え方~」で歌と音楽を担当。

2014年、共同監督した短篇映画「八芳園」が第67回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門にノミネート。

色々な場所に行って曲を作り、ウェブサイトで発表するプロジェクト「豊田真之ここにいるシリーズ」を進行中。

http://toyotamasayuki-kokoniiru.com

 

食堂くしま

たくさんの野菜と魚をすこし。

2013年に東京・西荻窪にオープンした、洋風家庭料理の食堂です。

 

古川誠編集長とのトークセッション。

2013.12.05 Thursday

こんどの日曜、12月8日(日)に

オズマガジン創刊500号記念イベントが開催されます。

 

そのステージで、

レモンエアラインを執筆中のシラスアキコさんと、

ソラが、

古川誠編集長とのトークセッションを

させていただくことになりました。

 

当日のステージプログラムが発表されましたので、

こちらに。

 

12:30-13:05

キン・シオタニ

スペシャルトーク&ライブペインティング

 

13:20-13:50

美肌室ソラ×文筆家シラスアキコ×OZ magazine

美肌室ソラと考える「イゴコチいい毎日」

 

14」20-14:40

南壽あさ子

ミニライブ

 

15:10-15:50

DJみそしるとMCごはん

ミニライブ&パフォーマンス

 

16:30-16:50

南壽あさ子

ミニライブ

 

17:10-17:40

mille books × BOOK246 × タナカホンヤ × OZ magazine

これからの本と、本屋のこと

 

ステージイベントだけじゃなく、

当日限りのスペシャルなマーケットや、

ワークショップもたくさんございます。

 

会場は、閉校になった中学校の体育館。

上履き持参で、久しぶりに子どものころに戻って

遊んでみませんか。

 

みなさまのお越しをお待ちしてます。

写真 (1)

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ