logo

まどみちおさんの言葉。

2015.03.11 Wednesday

昨年2月に、104歳の生涯を閉じられた詩人まどみちおさんの、

まだお若い頃、25歳で発表されたことばが、

今日にふさわしいように思えます。

 

その言葉をここに。

・・・・・

この世の中に色々のものがあるのは、みんな夫々に、

何等かの意味に於いて、あらねばならないからであろう。

 

この世の中に存在するあらゆるもの、

それはそのあるがまゝに於いて可とせられ、

祝福せらる可き筈のものであろう。

 

この世の中のありとあらゆるものが、夫々に自分としての形をもち、

性質をもち、互に相関係してゆくと言ふ事は、何と言う大きい真実であらう。

 

路傍の石ころは石ころとしての使命をもち、

野の草は草としての使命をもっている。

石ころ以外の何ものも石ころになる事は出来ない。

草を除いては他の如何なるものと言えども、草となり得ない。

だから、世の中のあらゆるものは、価値的にみんな平等である。

 

みんながみんな、夫々に尊いのだ。

みんながみんな、心ゆくまゝに存在していい筈なのだ。

私はかうした事を考えるとき、しみじみと生きている事の嬉しさが身にしみる。

 

そして、石ころは大地の上に憩ひ、蚰蜒(ゆうえん)は石ころの下に眠るやうに、

一切のものはそのあるがまゝに於いて、自らに助け合っているのだ。

・・・・・

 

まどみちお著 「くまさん(童話屋刊)」あとがきにかえてより。

FullSizeRender (78)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ