logo

映画「100万回生きたねこ」

2012.12.11 Tuesday

佐野洋子さんの絵本は、子どものころから今に至るまで何度も読んでいます。

 

こちらの映画は、佐野洋子さんの声や、作品が随所に盛り込まれ、

いろいろなことを感じたり、考えたりすることができる作品になっていました。

まだ、これから観られる方もいらっしゃいますので、

ここであまり多くのことを語るのは野暮ですね。

 

印象的な言葉がたくさんありました。

 

「伝える」ことと、「伝わる」ことは大きく違います。

絵本は、その絵本を読むことで、

映画は、その映画を観ることで、

自分自身のカラダに沁み込むものでしょう。

 

たわいもないこと、ほんの小さなことでも、

気がつけることを、しあわせだと感じます。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ