logo

ほんとうの春のはじまり、春分の日。

2015.03.21 Saturday

今日は、春分の日。

昼と夜の時間がちょうど同じになる一日でございます。

太陽と月に見守られたこの星に、

同じ時間ずつ輝いてくれる一日。

 

これまでも、あちこちで春の気配がありました。

今日からが、本格的な春のはじまりにございます。

そろそろ、桜前線の話題も聴かれるころ

道端に咲く花も、いくつも見られることでしょう。

 

花や木を、眺めていると勇気づけられるような気持ちになるのは、

先日の読書サロンのおかげでしょうか。

 

心に響いた一篇を、ここに。

 

・・・・・

たんぽゝと小声にいひて見て一人(星野立子)

・・・・・

 

星野立子、歌人として昭和に生きた女性。

正岡子規の後継者である高浜虚子の娘。

以下の引用は、こちらのサイトより。

 

虚子でさえ感嘆するような感覚のやわらかさ、鋭さを立子は持っていました。

三十代半ばになった立子の手帳に

「私はあなたの生涯を見ることが出来ないことを残念に思う」と

虚子は書いています。

 

立子がどんな俳句の世界を展開していくのか、虚子は楽しみにしていました。

それほどの感性をもっていたのが、

星野立子でした。

110501_1100

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ