logo

飛び去ろう、チューリップ。

2015.03.25 Wednesday

今日は、この詩を。

先日の読書サロンで、山元伸子さんが選んでくださった一篇です。

あの日に持ち帰ったチューリップが、

ほんとうにいま、飛び去ろうとしているから。

 

・・・・・

「チューリップ」征矢泰子

さくためにはみずすいあげてすいあげてひたすらすいあげて

さききった先端からゆっくりとすきとおり

はなびらははねになっていく

ゆうべはたしかにはな だったが

けさおきてみるともう

とりになって とびさってしまっていた

くらしによごれたテーブル・クロスのうえに

ぬけおちたはねだけをのこして

 

 

はなはいつもひとよりも勇気がある

・・・・・

 

この詩を紡いだひと、詩人・征矢泰子のこと、実はほとんど知りません。

いまの時代はとても便利で、

知りたいことは検索すれば、

ほとんどのものが何かしら解るようになりました。

 

何も知らないではじめてこの詩を読んだときの感動と

ほんのちょっぴり検索した後で読み直したときの感動とは

やはり響きかたが違うような気がします。

 

こちらに、よく書かれています。

詩のある暮らし。

FullSizeRender (86)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ