logo

ゆとりある朝に。

2015.07.31 Friday

今朝のNHKニュースは、

深刻化している子どもの便秘について、取り上げていました。

ご覧になられた方も、きっと多くいらっしゃるでしょう。

 

いま、便秘で苦しむ子どもがほんとうに多くなっているという。

起床から通学、通園までの朝の時間にゆとりが無いこと。

食生活が偏食になっていること。

適度な運動が不足していること。

生活に、緊張が続いていること。

など

専門外来を訪れる子どもたちには、

様々な原因が隠れているようでございます。

 

便秘かどうか。

子どもだけでなく、いくつになっても気になることでございます。

 

排便は毎日でなくても、二日置きでも大丈夫。

出来るだけ便秘薬のお世話にならないよう、

自然なお通じができるといいな。

そんな当たり前のことに気づくのに、

わたしは随分、年を重ねて参りました。

 

思春期のころから、会社勤めを辞めるつい4年ほど前まで

四半世紀もの間、毎夜、下剤にもなるセンナ茶を飲み続けていたのです。

 

止めたきっかけは、腸内が黒くなるという噂を耳にしたことでした。

その噂がほんとうかどうか、確かめることはありませんが、

身体の仕組みや、生理学を勉強するにつれ、

やはり腸内環境は食生活や毎日の暮らしの中で

整えるのが一番だろうという気持ちになれたのです。

 

それ以来、一度も口にしたことはありません。

(ただ、数日続く便秘の時だけ、タケダ漢方便秘薬のお世話になっています。)

 

最近も食べるものもますます美味しく

ただ、代謝は年々落ちていくので、

体重は徐々にではありますが、増加の一途をたどっています。

それでも毎朝、体重を計り、

その一瞬だけ、昨日食べたものの反省会をいたします。

早起きが苦ではなくなったので、

朝も、すこしゆとりを持てるようになって。

 

いまは、おかげで少し気分がラクになれたよう。

自分で自分を縛ること、

少なければ少ないほどいいな。

 

まあ、気が付くのに25年もかかってしまいました。

 

どうぞ、みなさまも、なによりも健やかに。

写真はある日の青空を。

1027

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ