logo

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」

2015.08.10 Monday

ここ最近の好奇心を満たす読書には、

こころと身体との関係を説いているものが多くなりました。

 

きっかけは、

滝村佳子著「からだの声、聞いてる?」だったと思います。

 

斎藤環/山登敬之著「世界一やさしい精神科の本」

傳田充洋著「皮膚感覚と人間のこころ」

池谷祐二著「脳には妙なクセがある」

と続きました。

 

どの考察も興味深くて、

一読した程度では感想を語るには至らず

それでもこうして続けて読み進めていくうちに

ぼんやりとした考えが浮かぶようになりました。

 

池谷祐二著「脳には妙なクセがある」に、記載されていたことばより。

 

・・・・・

(ローマの詩人 ユウェナリス「風刺詩集」より)

健全なる精神は、健全なる身体に宿る。

・・・・・

 

身体を鍛えることにより、より強靭な精神が宿るということではなく、

病を抱える身体には、健全な精神が宿らないということもでない。

 

健全なる精神は、

健全なる身体に宿るものと祈る。

・・・ということだと感じています。

 

健全なるとはどんなことでしょう。

この世界を五感で感じることができ、

笑いたいときに心から笑うことができる。

(今朝のところはこうでしょうか。)

 

少し暑さがやわらいで、過ごしやすい朝にほっとしています。

IMG_2972

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ