logo

るくぜん、るるる。

2015.09.09 Wednesday

伊藤亜紗著「目の見えないひとは世界をどうみているのか」に登場されていた

ボディケア・キッチンるくぜん難波創太さんの鍼灸マッサージを

受けてまいりました。

 

鍼灸治療は、髪の毛よりも細いハリによる施術で

痛みはほとんど感じません。

部位によって、感じる〝響き〟が違うのが

体験としてとても興味深く感じられました。

 

実は、毎朝 ヨガストレッチをしていて

どうも右足を軸にしたポーズでバランスを崩すことが多いのが気になって

足腰のゆがみを診ていただいたのです。

 

歪み無し!右足ややほんのすこし細く筋肉少なし!という見立て。

ほっとしつつ、約2時間の施術後に、

黒豆茶とドライフルーツをいただきながらおしゃべりを。

 

本にあるエピソードについて、ご本人に直接お聞きすることができました。

特に印象的だったのは、

まるでロシアンルーレットみたいなレトルトのパスタソースについて。

 

茹でたパスタに ソースをかけて口に運ぶそのときまで、

ソースは、果たしてクリームソースか、ミートソースか分からないから。

毎回それを面白がっているんだというエピソードがあったのです。

 

「(だって、悲観する)時間がもったいない。」って、言われました。

その言葉がとても強く残ります。

 

普段の暮らしにも、当てはまるのような気がします。

くよくよする暇があったら、いまを精一杯生きよう。

 

どんな気分で過ごすのか、

本人にしか分からないことかもしれないけれど

それでも、(悲観する)時間がもったいない。

 

写真は、「るくぜん」の愛らしい看板と、玄関のオブジェより。

Image-1

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ