logo

予告編という映画/レモンエアライン1021便

2015.10.21 Wednesday

大きな映画館、客席はまばらだ。

あたりさわりのないラウンジ・ミュージックが、小さな音で鳴っている。

暖色系のダウンライトに照らされた、

通路を行き来するカップルたちは影絵のようだ。

斜め前からポップコーンのバターの香り。(少しうらやましい)

誰かのペプシコーラの氷のシャカシャカは、

海の底で聴いているような澄んだ音。

隣の女性二人は、なにやら会社の噂話で盛り上がっている。

笑い声が大きい。映画がはじまったら静かな人になってくれと、祈る。

 

突然、照明が暗くなる。

予告もなく予告編がはじまる。

通路に映る影絵の動きがはやくなる。(けっこう席がうまったようだ)

全米が震えたり、某新聞社が絶賛したり、

次から次に大本命の予告編が迫ってくる。

頭の中がクルクルと回転しはじめる。

つい好みじゃなさそうな映画にも反応してしまう。

「あ、これ観たい…。」

 

予告編とは、未来が約束された一本の映画。

ジブンがアクションを起こせば、

まだ見ぬ未来へ連れて行ってくれる。

 

照明が真っ暗になる。

緞帳が左右に開く。

隣の女性たちも無言になった。(この一瞬の緊張感がすき)

本編のタイトルが、ゆっくりとあらわれた。

 

*************************************************************

 

◎レモンエアラインが本になりました。

コチラのスペシャルサイトもごらんくださいませ。http://lemonairline.com/

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ