logo

この季節に読みたくなる物語。

2015.11.07 Saturday

この季節になると

読みたくなる本がございます。

チャールズ・ディケンズ著 村岡花子訳 「クリスマス・カロル」。

初版は1843年にイギリスで発行されたそう。

 

初老の商人スクルージの現在、過去、未来を俯瞰しながら

自分のことを思い直せるような物語。

 

雪のちらつくような凍える冬の夜に、窓の外から覗く

温かい家族団らんの食事風景が頭に浮かびます。

 

もういまから170年近く前に書かれた物語が、

少しも色あせることなく

いつも小さな感動を与えてくれるから

文学って素晴らしいなと思います。

 

死してなお、未来に渡って影響を与え続ける文学に

尊敬の気持ちをもって、

これからもできるだけ多くの物語に出逢えますよう。

 

1201

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ