logo

ボディケアキッチンるくぜん難波創太+絵画教室ルカノーズ三杉レンジ

2016.03.01 Tuesday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

月に一度、イベントを開催しています。

素敵な作家さんとのひとときを、おくつろぎください。

vol.34「言葉で描くワタシと、耳で観るボク。」

この本に出会うまで

絵画鑑賞は、ひとりでするものだと思っていました。

伊藤亜紗著「目の見えないひとは世界をどう見ているのか」。

 

目の見えないひとと、見えるひとが数人集まって

絵画や芸術作品を鑑賞する“ソーシャルビュー”という方法に

とても興味がわきました。

 

目の見えるひとが口々にその絵や作品の印象を

自分のことばで語ります。

そのことばには、正しいとか間違っているとかはありません。

見たまま、感じたままをとにかく話していくのです。

それを、目の見えないひとが、ことばのシャワーを浴びるかのように聴き

目の前にあるその作品を、「観る」。

 

ご一緒に、新しい絵画鑑賞の体験をいかがですか。

 

美術史に沿った絵画作品のいくつかを、三杉レンジさんにお選びいただき、

それを参加者全員で、ソーシャルビューして参ります。

9年前のバイク事故で視力をなくし、いま鍼灸師として活躍される難波創太さんと

絵画をことばで見るワークショップをご体験ください。

 

“言葉で描くワタシと、耳で観るボク” というひと時を。

伊藤亜紗

+++++

4月10日(日)13時30分~15時

おひとりさま3,000円(税込)お茶とお菓子付き

定員:8名さま(満席)

キャンセル待ちの方の受付をさせていただきます。

お申込み:contact@bihadasora.com

 

・おなまえ、ご連絡アドレスと携帯番号、参加人数を明記の上、

件名「4/10の会」とし、メールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

難波創太 鍼灸師

1968年生まれ。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業。

CGデザイナーとしてゲーム・映像制作会社に勤務。

2007年 バイク事故で失明、全盲の人生となる。

2011年 鍼灸指圧の免許取得後、盲導犬モナミとの生活開始。

2015年、三軒茶屋に「ボディケア・キッチン るくぜん」をオープン。

鍼灸・指圧による治療と、薬膳研究を行う傍ら、

アート制作やワークショップ、合気道など幅広く活動している。

 

三杉レンジ 画家

1969年生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。

グラフィックデザイナー、広告代理店勤務を経て、

現在 ART SCHOOL LUKA NOSE主宰 + 池袋西武コミュニティカレッジ講師

日本の美術教育の再構築をライフワークとして活動中。

並行して、東日本大震災の被災地において、絵画によるコミュニケーションをテーマとした、

「巨大木炭画・千人仏プロジェクト」を企画。2012年より現在も継続実施中。

http://senninbutsu.com/

・・美術史を学ぶことで現代アートも自然に理解できます!・・
Art School LUKA NOSE   http://lukanose.com/

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ