logo

おいしく食べてアンチエイジング。

2015.12.03 Thursday

わたしたちの師である佐伯チズ先生の主宰されるスクールでは、

オリジナルのトリートメント手技のほか

たしなみやマナー、美容と健康との密接な関係を

いくつかの講義で教えてくださいました。

 

中でも「栄養学」と「皮膚生理学」は、

たいへん身近で役立つと、いまも日々刻々と報道される関連ニュースに

耳をそばだてつつ興味が尽きない分野です。

 

栄養学では、ライフステージごとに摂取量の標準値が設定されています。

わたしたち成人は、大きく3段階に分かれていて

一日の基礎代謝量の標準値の変化を参考に

食事のとり方を考えていくことができるようになっています。

18歳~29歳 1,120㎉

30歳~49歳 1,150㎉

50歳~69歳 1,110㎉

(70歳以上を高齢者)

女性の場合、このほかにも妊婦、授乳婦という区別もあります。

 

基礎代謝のほかにも、活動量に応じた栄養を採って

日々の食事をおいしくいただけるのが一番ですね。

 

多様な食品をバランスよくいただくこと。

血や肉をつくる。乳製品や卵、魚介や肉、豆製品。

体の調子をよくする。野菜、イモ類、くだもの。

力や体温となる。穀物、砂糖、油脂。

 

ハリツヤのある生き生きとした肌も

シミのない透明感あふれる肌も

瞳の輝きも、健康的な唇の赤みも、定期的な排便も

適度な睡眠、運動と、バランスのいい食事が

あってこそなのかもしれません。

 

今日の食事は、未来の自分を作ると想像し

一口をたいせつにいただけたら。

(そう、自分に言い聞かせるように)

02231

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ