logo

少女の面影。

2016.03.06 Sunday

先日に続いて窪美澄 著作

角川書店発行「水やりは いつも深夜だけど」を読了いたしました。

amazonで著者名検索した折に、

その表紙に目を奪われたのがきっかけでございます。

 

その日のうちに、商品が届くというのはなんと素晴らしいことでしょう。

そのときは、書店へ寄れるかはっきりしていなかったので、

まずは一冊、この作品をぽちっと決めて出かけておりました。

 

帯には、こう書かれています。

同じ幼稚園に子どもを通わせる家々の、

もがきながらも前を向いて生きる姿を描いた、魂ゆさぶる5つの物語。

 

わたしたち夫婦には、子どもはおりませんので

幼稚園で過ごす時間も、大人同士の交流やおつきあいも経験ありませんが、

描写は、まるですぐ近くに暮らす家族があるかのようなリアリティ。

それぞれに起きていることが、事実ではないかと錯覚してしまうほど

じわじわと迫るものがありました。

 

その家族には、それぞれいろんな事情がありました。

それでも、今日も生きている。

読後感は、晴れた青空を眺めるような清々とした気持ちです。

 

表紙の女の子は、石川祐樹 写真集「蝶々の心臓」より選ばれた一枚。

石川祐樹さんのお嬢さんは、生まれつき心臓に疾患をもっていました。

それは、成長過程を記録する中で、生まれた写真集。

小説を手にしたとき、2014年に開催された写真展での気持が蘇ってきたのです。

 

「日々の小さな幸せは、実は奇跡の連続なのだと気づかせてくれる。(川内倫子より)」

IMG_4200

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ