logo

歌人 石川美南+スイーツconalogue竹内よしこ

2016.08.01 Monday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

時々、イベントを開催しています。

素敵な作家さんとのひとときを、おくつろぎください。

vol.39「31字の宇宙へようこそ。」

和歌といえば、百人一首が常とうで、

すこし前に「サラダ記念日」があったなあと思うくらい・・・

この本に出会うまでは、そのくらいのイメージでした。

山田航編著「桜前線開架宣言」。

 

現代短歌の世界を楽しむ、新しい世代の歌人のひとり。

石川美南さんをお招きして、はじめて短歌を作ってみる会を開催いたします。

 

ぜひ、ご一緒にたのしみましょう。

 

石川美南さんより、この会に向けてメッセージをいただきました。

・・・・・

短歌のルールはただひとつ。

5・7・5・7・7のリズムに言葉を乗せるだけ。

詠み込む内容は、心のこと、身体のこと、恋のこと、家族のこと、

昨日の出来事、遠い昔の思い出、大好きな物語や、ふと思い浮かんだ夢のこと……

あなたの心を動かすものであれば、何でも構いません。

たった31文字の小さな宇宙。

気軽に作り始めてみませんか。

経験は一切不要。

初めて短歌を作る方のためのワークショップです。

竹内よしこさん特製の美味しいお菓子を頬張りながら、

お互いの短歌を読んで、楽しく感想を語り合いましょう。

 

短歌講師:石川美南

お菓子:conalogue竹内よしこ

 

【宿題】

「月」という文字の入った短歌を1首作ってください。

「月」そのものでも、「満月」「三日月」「お月見」「月蝕」「一月」「月日」「月曜」「月餅」などなど、

単語の一部に入っていてもOKです。

短歌は事前に提出していただき、当日は無記名で一覧を配布します。

感想を言い合った後、最後に作者名を発表します。

 

【「月」の入った短歌の例(石川美南作)】

噛めば月のまばたきに似た音のするアルミニウムの硬貨を愛す

ガラス戸に無限の桜ちりかかる四月しづかな数学書フェア

 

【こちらはconalogue竹内よしこさんの過去作品をイメージとして】

image2 (2)

vol.39「31字の宇宙へようこそ。」

9月4日(日)13:30~15:00終了予定

予約制 定員8名さま(満席)

おひとりさま3,000円(税込)

お申込み:contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、参加人数を明記の上、

件名「9/4の会」とし、メールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

受付完了された方から、短歌の提出方法などを改めてご案内申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

石川美南(いしかわ・みな)

歌人。1980年生まれ。高校時代に短歌を作り始める。

短歌同人誌poolおよび[sai]の他、さまよえる歌人の会、エフーディの会など、あちこちで活動中。

歌集に『砂の降る教室』、『裏島』、『離れ島』。橋目侑季(写真・活版印刷)と共に

ユニット「山羊の木」としても活動しており、

私家版カード型歌集『Collection 1』『物語集』(増補改訂版)、

『遠い鳥』などを発行している。

最近の趣味は「しなかった話」の蒐集。

 

conalogue 竹内よしこ

「味覚でもたのしめる展覧会」をテーマに、

ギャラリーカフェなどでの菓子制作、ケータリングを行う。

つくること、食べることのたのしさを伝えたいとの思いから

2016春より杉並区(西荻窪)にてパン教室を不定期開催。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ