logo

後味のいい文。

2016.03.13 Sunday

蜂飼耳(はちかい みみ)著「孔雀の羽の目がみてる」、読了。

 

ヒロイヨミ社 山元伸子さんの薦めてくださったものは、

やはりどれも上質な文章のものでした。

 

こうして毎日書いているのだから、

すこしずつでもいい文を書けるようになりたいと

良いと言われる文章を目で追うようにしているけれど。

 

・・・・・

ある日、孔雀は怒った。

突然ぱあっと開いた羽の先に模様の目がいくつもならんだ。

いくつもならんでいっせいに見た。

この瞬間を憶えておこうと思った。

・・・・・

 

そう思ったこと、子どものころにあったかもしれない

いや、あまりにも感動的な文に出会って、

一瞬にして記憶をすりかえているだけなのでしょう。

 

孔雀の羽に目があるとは、すごい。

FullSizeRender (51)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ