logo

「ルーシーはダイヤモンドを抱いて夜の空」

2016.03.18 Friday

いま読んでいる「ルーシーの膝 人類進化のシナリオ」は、

奇跡的にほぼ完全な状態で人骨が発見された300万年前の女性(ルーシー)の話。

 

共同発見者である著者が

ルーシーが生きた時代を再現し、

大きな気候変動による人類進化のシナリオを提唱しつつ

人類史のヒロイン、ルーシーがどんな生涯を送ったのか

ヒトのルーツを探る壮大な物語でございます。

 

その名前は、

ビートルズの「ルーシーはダイヤモンドを抱いて夜の空」という歌の

歌詞から来ているという。

発見したアファール国際研究調査隊はキャンプ地に

その歌のカセットテープをもってきていて

発見したばかりの小さな骨片にニックネームをつけたのでした。

 

ルーシーは、身長1メートル程度の20歳女性。

二足直立歩行もしたが、樹上での生活と併用しつつ

その小さくて華奢な身体で生きていた。

 

ただその骨格が証明していることに、

ルーシーはいまの私たちのようには話せなかった。

おそらくその仲間たちと、

叫び声や声の抑揚と変調、身ぶりなどのよる方法で

コミュニケーションし、時には愛を語ったのでしょう。

 

はるか昔、300万年前に生きたひとりの女性は

私たちに何を語りかけているのでしょう。

 

ルーシーが眺めた太陽と月は、

今日もこの星を照らしてくれる。

IMG_4284

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ