logo

はじめて世田谷文学館へ。

2016.03.23 Wednesday

先の連休中に、はじめて世田谷文学館を訪れました。

浦沢直樹展」を観るためにとことことこ。

午前中だったにも関わらず、

会場にはたくさんのひとひとひと。

一体どこからこのひとたちは来ているのか、と思いたくなるくらいに

その会場だけ、満員のひとでございます。

 

芦花公園駅周辺の商店街には、シャッターが下りていたし

駅からの道でもぽつぽつと前を歩くひとが居るくらい。

ウテナ創設者久保政吉邸宅が隣接しているからか、

鯉の泳ぐ澄んだ池があり、普段ならきっと静かに時間を過ごせるのでしょう。

マンションの立ち並ぶ住宅街に建つ世田谷文学館。

 

お目当ての「浦沢直樹展」は、おなかいっぱいになるほどの物量に

いまもまだ消化しきれていない気持ちが続いています。

手塚治虫「火の鳥」を中学時代に“わかった”ひとだから、

やっぱり人並み外れている。

すごい、すごいを連発するしかありません。

 

だから熱を冷ますために、

この本をいま読んでいます。

 

世田谷文学館20周年記念 金曜日の本

吉田篤弘著「おるもすと」

IMG_4304

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ