logo

鳥の歌を詠むひと。

2016.04.05 Tuesday

このところ、長編小説や随筆を読む力が出ず

ぱらぱらと詩や短歌を目で追うことが多くなりました。

傍には、山田航編著「桜前線開架宣言」。

 

小原奈実という、1991年東京生まれの歌人に心を奪われています。

 

「鳥」をモチーフにした歌が多く

何かの象徴としてではなく、純粋に生物としての鳥が大好きだそう。

まるで映像を見ているような描写が心地よく、

すっきりとして、甘ったるいところがないのがいい。

 

・・・・・

カーテンに鳥の影はやし速かりしのちつくづくと白きカーテン

鳥去りて花粉散りたる花の芯 ながく呼吸をととのえてゐる

その羽に天ひるがえし身に享くる時間せまくはなきかつばめよ

・・・・・

 

ソラには、いつも白い鳩がはばたいているから

大空を自由にはばたく鳥へのあこがれ、かな。

SOR_0009[1]

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ