logo

三岸節子の赤い花。

2016.04.07 Thursday

画家 三岸節子の「赤い花」を観に行ってまいりました。

先日より眺めている雑誌“つるとはな”に動かされて

 

銀座の高輪画廊では、三岸節子、三岸黄太郎の作品展が開催されています。

 

雑誌(印刷)で眺める色合いと、本画の違いをまざまざと観て

絵の具の量や質感の面白さ

微妙な色の変化やタッチ

正面からや、やや離れた位置からと

作品を観るたのしさを味わうことができました。

 

生誕110周年記念展のパンフレットを求めることができたので、

中に印象的だったことばをここに。

・・・・・

ただ、美しい花を、あるがままにうつしとるのでは、花のもつ不思議さも、

生命も、画面に見出すことは困難でしょう。

いかほどの迫真の技術を駆使しえても、ほんものの、一茎の花に劣りましょう。

 

花よりもいっそう花らしい、花の生命を生まなくては、花の実体をつかんで、

画面に定着しなければ、花の作品は生まれません。

 

つまり私の描きたいと念願するところの花は、私じしんのみた、感じた、表現した、

私の分身の花です。

この花に永遠を封じ込めたいのです。

・・・・・

 

生誕110周年記念 三岸節子展の絵葉書より、「花」。

IMG_4407

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ