logo

見ているのに見えていないということ。

2016.04.11 Monday

昨日は、ソラのワークショップの一日。

vol.34「言葉で描くワタシと、耳で観るボク。」を開催させていただきました。

 

お集まりくださいましたみなさまのおかげで、

やや予定時刻をオーバーしつつも

無事に終了することができましたこと

改めてここにお礼申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

 

さて、一晩経ちましたが、

いまも色々思い出しては考えていて。

 

この目は見ているのに、実は見えていないということを

まざまざと感じるのでありました。

見えていることで、そのすべてが分かったような気持になって

目に頼り切って五感を活かしていないということも。

 

三杉レンジさんが選んだいくつかの作品を、

先入観を入れずに見始めたわたしたち。

同じ作品を見ているはずなのに、

ひとそれぞれに、見えているものが違うのです。

 

その絵に何が描かれているか口々に言い合う声を

音のシャワーを浴びるように受け止める難波創太さん。

その作品の本質を、ずばりと言い当てられたとき

大切なことを教えられたような気持ちになれたのです。

伊藤亜紗

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ