logo

詩ぐらいがちょうどいい。

2016.04.16 Saturday

長編小説やエッセイを手にする力がないときに、

詩や短歌はちょうどいいな。

 

いまの気分を切り替えるのに

さっき目に飛び込んできたニュースから逃れるために

いい夢を見られますように

 

ヒロイヨミ社 山元伸子さんが、

読書サロンのために選んでくださった一篇の詩をここに。

 

・・・・・

鳥のかたちに似ている日  蜂飼耳

この歩数がひらく並木を
滑空、

うそをつく人間が顔を
あげたままたどっていけば

いっぱいにもえあがり
つばさの先からうっとり溶けて

木には 裏も表もない

あしたまた
生まれてくる

・・・・・

どうかよい週末を。

今日は今日しかないのだから

 

写真はネットより

shirakabanamiki

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ