logo

生命の緑の芽を。

2016.05.06 Friday

偉大な数学者であり、

数々の名随筆を遺した岡潔の著作「春風夏雨」を傍らに、

読んでは、ぼんやりと考えるということを続けています。

 

「生命」という章について一節をここに。

・・・・・

計算機やタイプライターのキーをたたきすぎて病気になったあげく、

自殺する人があると聞いたことである。

 

(中略)初めにこう思った。

キーを打ちすぎると、大脳前頭葉がだめになって連想力が活発に働かなくなり、

何か一つのことを思いつめてくよくよするに至るのだと解釈した。

 

(中略)だから、タイプライターを打ち続けるというようなこと、

つまり微弱な、きれぎれの意志を働かせ続けるのは、

絶えず細かな振動を心の中心に与えていることになる。

きれぎれの音は不調和音であり、雑音である。

しかも小さい細菌ほど防ぎにくいように、

微弱な意志の雑音ほど防ぎにくい。

 

(中略)どうすれば、この生命の緑の芽をいきいきと保てるかであるが、

一つは塵にまみれたり虫に食われたりしないよう、よく保護すること、

もう一つは絶えずきれいな水を注いでやることであろう。

・・・・・

 

窓の向こうにひろがる新緑や

風に任せる雲を眺めながら

頭に広がるイメージを大切にしようと思います。

 

パソコンやスマホが欠かせない生活に

天空から警鐘を鳴らしているのかな。

 

写真は、ある日の空。

0917

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ