logo

“禍福は、あざなえる縄の如し”

2016.05.11 Wednesday

黒柳徹子著「トットひとり」を読了。

つけられたタイトルの重みに、

テレビに映る徹子さんの姿がいじらしいと感じられます。

 

まるで家族のように慕っていたひとたちは、

すべてこの世を去ってしまった。

 

たいせつなひとが、それぞれに

死の直前まで懸命に生きる姿が描かれた一冊でございました。

 

向田邦子さんとのエピソードをここに。

・・・・・

「“禍福はあざなえる縄の如し”って知ってる?」って、私に訊いてきたのも覚えてる。

向田さんが書いたセリフにあって、私が訊いたのかな?

とにかく私が「知らない」って答えたら、

「幸せと災いはね、かわりばんこに来るの。

幸せの縄と不幸の縄とが縒ってできているのが人生なのよ」って。

 

それが、向田さんが最初に教えて下さったことだったから、とっても強く記憶に残ったのね。

だから、向田さんが乳癌になったり、直木賞を取ったり、そしてあの事故が起きたりして、

「本当に“禍福はあざなえる…”だわ。向田さんが言った通りだったんだなあ」って思う。

でも私、今でも思い出して笑っちゃうんだけど、

最初にその言葉を教えてもらった時に、

「でも、幸せの縄二本で編んである人生はないの?」って訊いたのよ。

そしたら向田さん、言下に「ないの」(笑)

・・・・・

これは、向田邦子さんがこの世を去って25年たったときに、

妹さんの向田和子さんとの対談で「小説新潮」に掲載されたものだそう。

 

幸も不幸もひとぞれぞれの感じ方があるでしょう。

ただ、昔から、ひとはこうして鼓舞してきたのねと思うと

すこし、力が湧いてくるような気がします。

kanawanai

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ