logo

「かなわない」。

2016.05.12 Thursday

植本一子著「かなわない」を、読了。

この本について、とてもよく解説されているサイトがありましたので、

一部抜粋いたします。

 

・・・・・

写真家の植本一子氏が、

夫である24歳年上のラッパー・ECDの毎月の収入16万5,000円で

家庭を切り盛りしながら、家事や娘2人(当時2歳と0歳)の子育ての日々を綴ったブログ

「働けECD」を書籍化した『働けECD わたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)。

家事に追われ、早朝にラップで起こされ、震災や原発の恐怖におびえながらも

懸命に生きる石田家の毎日を、植本氏が妻、そして母として切り取った子育て日記だ。

同書から5年。

その間における、育児への葛藤、世間的常識の中で感じる生きづらさ、

家族とは母とは何か、新しい恋愛との出会いなどを書き綴った冊子が

昨年自費出版され、

このたび、それらに書きおろしを加えた単行本『かなわない』(タバブックス)が刊行。

・・・・・

 

およそ5年におよぶ日記と、散文から構成されたこの本は、

CANTUS太田美帆さんとのランチで聞いたことをきっかけに、手に取りました。

きっと、自分から選ぶことはなかったでしょう。

 

ただ、時にはこうして、薦められて読む本との出会いもいいものです。

 

読み進めていく中で、ページをめくるのが辛くなることもしばしばありました。

どうしてここまでさらけ出せるんだろうと、何度も感じながら

 

ひとはどこかで、好く見られたいと願っているものです。

異性や、周りのひとからはできれば嫌われたくないもの

でもこの本には、それが無い(ような気がする)。

 

とことん正直で

壁に当たって砕けそうになっている自分も

独りよがりな自分も

邪道を行く自分も

日記にそのまま書いてあって。

 

読むことに体力が必要な本でした。

でも、読み終わったとき、風が抜けていったような気がします。

“かなわない”ひとに出会えた喜びが、いくつも書いてありました。

IMG_0416

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ