logo

「菜根譚」に励まされ。

2016.05.29 Sunday

いま、「菜根譚(さいこんたん)」を読んでいます。

読むといっても、とても短い章に翻訳されていますので

気になることばを見つけては、それを頭の中でぼんやり想うという感じでしょうか。

 

「菜根譚」は、およそ400年ほど前に、

中国・明代の学者、洪自誠によって書かれた処世訓。

洪自誠は、儒教・仏教・道教という、

中国はじめ東洋全体に影響を与えた三大思想について学び、

それぞれの足りない部分を他から補うようにして、

この本を書いたと言われています。

「菜根譚」は、日本に江戸時代末期に伝わり、多くのひとに愛読されてきました。

 

全176のことばが載った文庫本。

ホームで待つ間や、電車に揺られながらぱらぱらと

気分や体調によっても、響く言葉は変わってくるから

しばらくは飽きずに眺めていられそうです。

 

・・・・・

061

無理に心を変えようとしない

 

水は波がなければ穏やかであり、鏡も曇りさえなければ自然と輝いている。

これは人の心も同じで、本来は清らかなのだから、無理に清くする必要はない。

濁らすものを取り除けば、自然と清くなる。

また、楽しみも無理に探さなくてもよい。

心の中の苦しみを取り除けば、自然と楽しい気持ちになってくるものだ。

・・・・・

 

いつもの平穏な日曜日に感謝をこめて。

IMG_0544

IMG_0545

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ