logo

百人一首をもういちど。

2016.06.18 Saturday

紀伊国屋書店の短歌コーナーで

目に留まった漫画本、今日マチ子著「百人一首ノート」を眺めています。

 

子どものころに、意味も考えずにただただ読んでいたそれが

今日マチ子さんが描かれる百人一首のあたらしい解釈で

たのしめます。

 

ああ、そうだったのねと

面白かったり、切なかったり。

 

“今来むと いひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな”

百人一首2

 

-すぐに行く、とあなたがおっしゃったので、9月の夜長をひたすら待ち続けていたら、

有明の月が見える明け方になってしまいました。-

元歌の歌意が添えてあるので、照らし合わせて眺められます。

 

素性法師(そせいほうし)が眺めた月は、いまも変わらず。

百人一首3

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ