logo

とと姉ちゃんの作った100号。

2016.06.26 Sunday

視聴率がぐんぐん上がっているという朝の連続テレビ小説。

その一端を担う家庭に、我が家があります(笑)

唐沢寿明さん好きな夫が、

天才編集者・花山伊佐次の登場を待つようにして見始めたのです。

 

それを機に、数年前に手に入れていた「暮らしの手帖100号」を、

改めて読み直してみました。

 

創刊100号は、1969年4月に発行されています。

第一号が発行されたのが、その22年前の1947年

雑誌を作り続けてこられた花森安治さんの文がございます。

 

・・・・・

百号をお届けします。

…こう書いてみて、さすがに感慨深いものがあります。

一号とこの百号のあいだには、二十二年という年月が流れています。

いま一号を出したころをふり返ってみて、

この二十二年という年月の、一日一日が積み重なってきた、

その重みというものを感じます。

(中略)

雑誌が何百号もつづく、ということは、大して意味はありません。

そのどの号も、いつも新しい風をはらんで、

へんぽんとはためくものがなくてはなりますまい。

 

そのためには、せめて百号ごとにまた一号にもどって、

こんどこそは、と原稿用紙を改め、ペンを新しくするのが気概でしょう。

とにかく、つぎの<第一号>は、どうぞして、

これまで以上に冴えた編集をお目にかけたいものと、

ひそかに心に期するものがあります。

ご期待ください。

・・・・・

 

「これは あなたの手帖です

いろいろなことが ここには書きつけてある

この中の どれか 一つ二つは すぐ今日 あなたの暮らしに役立ち

せめて どれか もう一つ二つは

すぐには役に立たないように見えても やがて こころの底ふかく沈んで

いつか あなたの暮らし方を変えてしまう

そんなふうな

これは あなたの暮らしの手帖です」

IMG_0849

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ