logo

たったひとりで短歌を続ける。

2016.07.13 Wednesday

短歌のこと、

ちょっといいなと見直したのは

山田航編著「桜前線開架宣言」がきっかけでした。

1970年以降に生まれた歌人40名のアンソロジー。

 

なかでも、特に気になった歌人に、石川美南さんがいて

その歌は、どこにも所属せず、誰にも師事せず、たったひとりで生み出していて

そんなだから、このタイトルがふさわしいのだとにんまり…

 

グループ展「漂流線」

 

次の土曜日7/16から、

西荻窪のギャラリーみずのそらでグループ展を開かれます。

お時間あったらぜひ。

 

(以下、石川美南さんの投稿文から抜粋)

グループ展「漂流線」

2016年7月16日(土)~7月24日(日)
13:00~20:00(18日~17:30、最終日 ~18:00) <19日(火)休>
会場:ギャラリーみずのそら
「水の手紙/空の余白」「机上の灯台」「蒐集記」につづく
ブックアート/銅版画/木版画/冊子/短歌 etc.+活版印刷の作品展

◆期間中、カフェにてあゆみ食堂の特製かき氷をご用意しております(数量限定)

◆詳細はこちら http://www.mizunosora.com/event199.html

「山羊の木」の展示:『遠い鳥』
鳥の影、人々の影が現れては消えてゆく、静かな活版カード集。
短歌:石川美南 写真:橋目侑季 活版印刷:海岸印刷
写真(オフセット)31枚、短歌(活版印刷)28枚。紙箱入り。限定250部。

——————————

■ライブ「漂ふ鳥・迷ふ鳥」

ギャラリーみずのそらでのグループ展「漂流線」会期中、ライブ「漂ふ鳥・迷ふ鳥」を開催します。
石川美南による短歌や悪夢、「迷う」小説などの朗読と、津田貴司の音が響き合う1時間。
海の日の夜、波間を漂うような声と音の世界を、ぜひご一緒に。

《出演》短歌:石川美南(山羊の木)  音:津田貴司
《日時》7月18日(月・祝)受付17:30~、開演18:00~
《入場料》1500円
《定員 25名

お申込みはこちらから
https://goo.gl/eXTctV

——————————

IMG_0970

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ