logo

記憶の宿るところ。

2016.08.25 Thursday

週末から公開される映画「君の名は。」の原作小説を読みました。

そのタイトルから、1953年公開の岸恵子さん主役の名作リバイバルか

と、はじめはそう思っていました。

この「君の名は。」は、新海誠監督が書き下ろしたまったくの新作で

神木隆之介さんらが声を吹き込むアニメーション映画。

 

原作小説が早々と出版されていて、珍しく公開前に読んでみたのです。

解説は、今作のプロデューサー、川村元気さんが書かれていました。

 

・・・・・

-2012年、僕は『世界から猫が消えたなら』という小説を書いた。

そこで死にゆく郵便配達員の姿を描いた。

死を書いているはずなのに、いつの間にか記憶の物語になっていった。

人にとって最も残酷なことはなにか?当然それは死だ。ずっとそう思っていた。

でも、死よりも残酷なことがある。

それは、生きながら愛する人を忘れていくことだ。

 

人の記憶は、どこに宿るのだろう。

脳のシナプスの配線パターンそのものか。眼球や指先にも記憶はあるのか。

あるいは、霧のように不定型で不可視な精神の塊がどこかにあって、それが記憶を宿すのか。

心とか、精神とか、魂とか呼ばれるようなもの。

OSの入ったメモリーカードみたいに、それは抜き差し出来るのか。

(中略)

でもこの小説を読んで、少しだけわかった気がする。

ひとは大切なことを忘れていく。

けれども、そこを抗おうともがくことで生を獲得するのだ。

・・・・・

 

忘れることと言ったら、わたしも自信があります。

さっきまでやろうと思っていたことを、

振り向いたらもう忘れているなんてこともしょっちゅう

 

記憶には、本人にしかわからない優先順位みたいなものがあって

誰も代わりを務めることはできないのでしょう。

 

忘れたくないほどの感動に出会える

かけがえのない日々に感謝をこめて

2014060501

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ