logo

書くひとごとの味わい中華。

2016.10.07 Friday

山フーズ 小桧山聡子さんが寄稿されていると知り、

久しぶりにBRUTUSを購入。

「町の中華」の特集号でございます。

 

“私の一皿”で、23名が、23の私の一皿を上げています。

23皿は、当然ながら全部違って

ラーメンや麺を言う人もいれば、焼売やから揚げ、なかにはオムライスを上げるひともあり

食を自由にたのしむひとたちが、寄せ集められた美味しそうな特集に。

 

小桧山聡子さんの一皿は、「叙楽苑のゴマ入りもち団子スープ」。

場所は、新宿の歌舞伎町、路地裏にあるというから

行こうと思えば行ける距離。

ちょっと勇気を振り絞って、一度はクーロンズゲートの世界へ足を踏み入れてみようか

 

台湾料理を平らげたあとに、

温かいスープに浮かんだゴマ入りもち団子を、レンゲで口に運ぶのを想像しています。

 

23の料理は、それぞれまったく違うものだけど、

執筆するひとからにじむ味わいが、文章になって表れているのが面白いな。

 

このひとは、きっと、ふうふう言いながら一目散に食べてるんだろうとか

このひとは、レンゲを持つ手まで嬉しそうにしてるんだろうとか

このひとは、この一皿の前に、2.3品はきっと食べてるんだろうなとか

食事にかけるスピード感や、間の置き方まで伝わるエッセイ。

 

たまには、いつもと違うものを食べてみるのもいいなと思う。

%e4%b8%ad%e8%8f%af

%e4%b8%ad%e8%8f%af%ef%bc%92

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ